新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プラスチックごみをスーパーマテリアルに変える——リサイクル樹脂から作成した「PETエアロゲル」

年々増加するプラスチックごみは、生分解性がなく、有害で、その処理が世界的に問題となっている。なかでも大きな割合を占めるペットボトルごみだが、ペットボトルをリサイクルして多目的に使えるスーパーマテリアルに変える処理方法が、シンガポール国立大学で開発された。

この処理方法は、リサイクルされたペットボトル(rPET)から、さまざまな目的に使えるエアロゲル(aerogel)を作るというもの。エアロゲルは、ゲルを超臨界乾燥させて作る、非常に低密度の多孔性物質だ。シンガポール国立大学の開発した「rPET-シリカエアロゲル(PETエアロゲル)」は、軽く、柔らかく、耐久性があり、取り扱いも容易だという。優れた断熱性と高い吸収力があり、ごみだったペットボトルを流出石油の除去、消防士の防護服、建物の断熱、防音などの用途に使うことができる。

研究チームを率いるHai Minh Duong准教授は、「ペットボトルは、プラスチックごみのなかで最も多いごみのひとつで、環境に有害な影響を与えている。我々は、ペットボトルごみをPETエアロゲルに変える費用対効果の高い方法を開発した。1本のペットボトルをリサイクルして、A4サイズのPETエアロゲルシート1枚を作ることができる。この技術により、プラスチック廃棄物によって引き起こされた環境被害の抑制に貢献できる。」と、研究の意義について述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る