新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか数秒でシティバイクからカーゴバイクに変形できる自転車「Convercycle」

シティバイクとカーゴバイク相互に変形できるコンバーチブル自転車「Convercycle」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Convercycleは、普段はシティバイクとして街乗りでき、荷物を運ぶときには車体を伸ばしてカーゴバイクとして使える新しいコンセプトの自転車だ。

Convercycle

Convercycleの特徴は、後輪部を前後に動かせる折りたたみ機構にある。シティモードからカーゴモードへの切り替えは、片手で後輪後部のフレームを持ち上げて後輪を後ろに転がし車体を伸ばすだけだ。連結ロック機構により後輪をロックするので安心して乗ることができる。

カーゴモードではサドルと後輪の間のバスケット部分に最大60kgの荷物を載せて走行できる。駐輪するときは、フレームを持ち上げて後輪を前輪方向へ転がし車体を折り込んでシティモードにすれば場所を取ることもない。

Convercycle

Convercycleの車輪サイズは28インチ。全長は、シティモード時で1850mm、カーゴモード時で2550mmだ。車体はスチール製で、重量は18kg。カーゴモード時に荷物を入れるバスケットの大きさは、長さ750mm(最大)、幅430mm(最大)だ。

Convercycle (左)シティモード
Convercycle (右)カーゴモード
Convercycle

Convercycleは、モーターやバッテリーを搭載しないスタンダード版とモーターや取り外し可能なバッテリーを搭載する電動アシスト付きeバイク版の2種類がある。eバイク版のモーター出力は250Wで、最高時速は25km。ヨーロッパとアメリカでは合法とのことだが、日本では道路交通法の基準に適合するかどうか注意が必要だ。

Convercycle

Convercycleの価格は、スタンダード版が999ユーロ(約13万円)、eバイク版が1199ユーロ(約15万円)。出荷は2019年8月の予定で、送料は無料だ。

Convercycleは2019年1月1日までクラウドファンディングを実施。2018年12月18日時点で、目標の10万ユーロ(約1300万円)に対して約6万5000ユーロ(約830万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る