新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大成建設ら、セメント系素材を使用する建設用3Dプリンター「T-3DP」を開発

大成建設は、アクティオ、有明工業高等専門学校、太平洋セメントと共同で、建設用3Dプリンター「T-3DP(Taisei-3D Printing)」を開発した。

photo

T-3DPは、セメント系材料をノズルから押し出しながら積層し、型枠を使わずに3Dデータからさまざまな形状の建設部材を自動製作することができる。

同社によると、建設用3Dプリンターでセメント系材料を使用すると、従来は造形中に積み上げた重さや歪みに耐えきれずに崩壊を起こすという課題がある。

そこで今回、圧送しやすくかつ固化しやすい特殊なセメント系材料を開発。ノズルから吐出後に形状が崩れにくく短時間で固化し、より高く積層できるようになった。

photo

さらに、吐出量を一定に保つことができる特殊ノズルを開発し、脈動を伴うポンプでも対応できることから、今後は実際の現場への展開も可能になった。またノズル先端から材料が垂れることを防止する仕組みを備えているために、複数の部材を同時に製作することも可能だ。

photo

同時に3Dデータに基づいて、ノズルの移動や材料の吐出量などを制御するプリンターシステムも開発した。

同社では今後、同プリンターを導入したさまざまな建設部材の製作や、現場での大型構造物の施工を実現するため、補強方法や品質管理手法、構造的な評価技術などの課題解決に取り組むとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る