新しいものづくりがわかるメディア

RSS


12鍵キーボードで演奏できる——腕時計型シンセサイザー「Synthwatch」

腕時計型シンセサイザー「Synthwatch」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Synthwatchは、12鍵のキーボードを指先で押して、200以上のサウンドを再生できる超小型シンセサイザーだ。思いついたメロディーを記録したり、即興で演奏したり、iOS/Android対応アプリで機能の選択やエフェクトをかけることもできる。

photo

Synthwatchの本体は正方形で、防水仕様の丈夫で軽量なグレード5チタン製ケースで覆われている。指で押さえやすいデザインだという小型鍵盤とディスプレイ、ワイヤレス機能を備える。

photo

作曲と録音ができるリアルタイムプレイを主な機能に、iOS/Android対応アプリでディレイ、リバーブ、フランジャー、フィルターなどのエフェクトをかけられる。また、レコーディングやバンク、シーケンサーなどの設定の保存も可能だ。

photo

本体は一辺48mmの正方形で、腕に当たる底面は腕の形に添うように楕円形になっている。高さは約20mmで重さは約92g。本体にはUSB-Cポートを備え、スピーカーやアンプを接続できる3.5mmミニジャック付きUSBケーブルが付属する。

photo

Synthwatchの予定小売価格は695ユーロ(約8万9300円)で、今なら数量限定の早割価格450ユーロ(約5万7800円)で入手できる。2019年4月の出荷を予定しており、日本への送料は25ユーロ(約3210円)だ。

Audioweld Synthwatchは、7万6000ユーロ(約977万円)を目標に2019年1月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る