新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高校生の運営で世界大会を目指す——関東の高校生チームが国際ロボコン「FRC」への参加支援を募集中

世界的な高校生ロボットコンテスト「FIRST Robotics Competition(FRC)」のハワイ地区大会へ出場する日本チームが、Makuakeで支援を求めている。

photo

FRCは、14~18歳の学生を対象としたアメリカのNPO団体FIRST主催のロボコンだ。世界24カ国から7000チーム以上が参加する世界最大級のロボコンで、試合内容は2019年1月5日のKick Offで開示され、6週間の間に重量54kgのロボットを設計し製作する。2019年3月27日~30日は地区予選となるハワイ大会、2019年4月24日~27日はデトロイトで地区予選を勝ち抜いたチームによるチャンピオンシップ大会が開催される。

2018年には、主に千葉県内の高校生と中学生によって構成される「SAKURA Tempesta(サクラテンペスタ)」が、FRC世界大会への出場を決めている。

photo

今回Makuakeのプロジェクトを立ち上げた「RAIJINbotics」は、関東の高校生で結成されたチーム。2015年から2018年にかけてTeam 5701「Indigo Ninjas」として活動していたが、5度目の挑戦となる今年度の大会で、新規メンバーとともにチーム名を変更。チャンピオンシップに出場して優勝を目指す。

大会出場や大会後の広報活動までを高校生で行っており、クラウドファンディングと平行してスポンサーシップの交渉も行い、高性能PCや機材の費用、60万円の大会登録費、海外の大会への参加するための旅費などを賄うという。

photo

クラウドファンディングでのリターンは、チームからのお礼メッセージ、pdfデータによるチームの広報誌の送付、活動報告書の送付と配送、サイトへの名前の掲載、チームオリジナルミニタオルなどが用意されている。プロジェクトはAll in型で、2019年2月15日まで支援を募っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る