新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高校生の運営で世界大会を目指す——関東の高校生チームが国際ロボコン「FRC」への参加支援を募集中

世界的な高校生ロボットコンテスト「FIRST Robotics Competition(FRC)」のハワイ地区大会へ出場する日本チームが、Makuakeで支援を求めている。

photo

FRCは、14~18歳の学生を対象としたアメリカのNPO団体FIRST主催のロボコンだ。世界24カ国から7000チーム以上が参加する世界最大級のロボコンで、試合内容は2019年1月5日のKick Offで開示され、6週間の間に重量54kgのロボットを設計し製作する。2019年3月27日~30日は地区予選となるハワイ大会、2019年4月24日~27日はデトロイトで地区予選を勝ち抜いたチームによるチャンピオンシップ大会が開催される。

2018年には、主に千葉県内の高校生と中学生によって構成される「SAKURA Tempesta(サクラテンペスタ)」が、FRC世界大会への出場を決めている。

photo

今回Makuakeのプロジェクトを立ち上げた「RAIJINbotics」は、関東の高校生で結成されたチーム。2015年から2018年にかけてTeam 5701「Indigo Ninjas」として活動していたが、5度目の挑戦となる今年度の大会で、新規メンバーとともにチーム名を変更。チャンピオンシップに出場して優勝を目指す。

大会出場や大会後の広報活動までを高校生で行っており、クラウドファンディングと平行してスポンサーシップの交渉も行い、高性能PCや機材の費用、60万円の大会登録費、海外の大会への参加するための旅費などを賄うという。

photo

クラウドファンディングでのリターンは、チームからのお礼メッセージ、pdfデータによるチームの広報誌の送付、活動報告書の送付と配送、サイトへの名前の掲載、チームオリジナルミニタオルなどが用意されている。プロジェクトはAll in型で、2019年2月15日まで支援を募っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る