新しいものづくりがわかるメディア

RSS


24×54mmの小型基板にLiPo電源とmicro SDスロット——Arduino互換マイコンボード「Zero BZ1」

LiPo電源回路とmicro SDスロットを搭載したArduino互換マイコンボード「Zero BZ1」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Zero BZ1は、ARM Cortex M0+コアを備えるSAMD21G18マイクロコントローラーを搭載したマイコンボードだ。24×54mmの小型基板はブレッドボード互換のピンを備え、USB接続に加えてmicro SDカードインターフェースを搭載。直接コードのアップロードやデバッグができる。

photo

Zero BZ1の特徴は、LiPoに対応した充電回路とレギュレーターを内蔵し、USBまたは5~6Vソーラーパネルを接続しての長時間動作が可能なことだ。また、リアルタイムクロック、10ビットDAコンバーター、LED、温度センサーなども搭載する。

photo ハードウェアはオープンで、回路図やガーバーデータも公開する。

Zero BZ1の本体早割価格は15ドル(約1700円)。出荷は2019年3月の予定で、日本への送料は5ドル(約560円)だ。

Zero BZ1は、2019年1月14日までクラウドファンディングを実施中。12月20日時点で、2345ドル(約26万5000円)の目標額を上回る4000ドル(約45万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る