新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動で靴ひもが締まって緩まない——オートシューレースガジェット「KickS」

まるで未来のスニーカーのように自動で靴ひもが締められるガジェット「KickS」がKickstarterに登場した。

photo

KickSは、手持ちの靴にも取り付けられる。KickSに靴ひもを通して靴に固定するだけで、靴を履いてKickSのボタンを押すと靴ひもが締まり、もう一度ボタンを押すと緩むという仕組みだ。ボタンを押さない限り靴紐が緩むことはないので、走っている間に靴ひもが緩んでしまって結びなおすようなことがない。

バッテリーは充電式で、マイクロUSBケーブルを使用して充電する。駆動時間は1日2回の起動(靴の脱ぎ履き)で約2週間だ。

photo

プロトタイプではボタンの押下で動作するが、将来的にはスマートウォッチやスマートフォンアプリで動作する予定だ。また、小型軽量化に加え、LEDやワイヤレス充電、靴の脱ぎ履きを検知するセンサーも組み込みたいとしている。

価格は29シンガポールドル(約2400円)。出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は25シンガポールドル(約2100円)だ。

KickSは、2019年1月4日までクラウドファンディングを実施中。2018年12月20日時点で、5000シンガポールドル(約41万円)の目標額を上回る6000シンガポールドル(約49万2000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る