新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇宙ロケットの製作を特集——CQ出版、「トランジスタ技術 2019年1月号」発刊へ

CQ出版は「トランジスタ技術 2019年1月号」を2019年1月1日に発刊する。

今月号の特集は「物理大実験!宇宙ロケットの製作」だ。

全8章構成。2章でロケットエンジンの基礎知識について触れた後、3章から始まる「宇宙ロケット開発物語」では軌道計算技術やデータ通信/電力供給ネットワーク、コンピューターやセンサー/アクチュエーター、さらには姿勢制御シミュレーションといった、ロケット開発の歴史について詳しく紹介する。

またAppendixとして、小型宇宙ロケット「MOMO」2号機の基本スペック解説や、民間ロケット開発ベンチャー企業であるインターステラテクノロジズの取り組みについて、ロケット開発の責任や実運用、さらには軌道計算シミュレーター「OpenTsiolkovsky」の使い方などについても解説する。

さらに、CQ出版では特設サイトも用意。MOMO2号機の地上実験の様子(動画)や、MOMOの手書きイラストなどを閲覧可能だ。

B5判176ページで、DVD-ROM(宇宙ロケット開発体験DVD)が付属する。定価は1080円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る