新しいものづくりがわかるメディア

RSS


メインジッパーを開けると警報アラームが鳴る——防犯ジッパー付き2WAYバックパック「グロースピーク」

防犯ジッパー付きの2WAYバックパック「グロースピーク」が、Makuakeにて出資を募っている。

グロースピークの本体サイズは290×410×120mm、重量は1kg前後だ。機能性を考慮し、ビジネスにも使えるようベーシックでシンプルなデザインを採用している。

最大の特徴は、メインジッパーが勝手に開けられると6秒間警報アラームが鳴る防犯機能を搭載していることだ。アラーム機能は簡単にオン/オフが可能で、盗難防止に利用できる。

アラームが鳴った6秒後もジッパーを閉めるまで45秒に1回、合計3回アラームが鳴る。ジッパーは充電可能で、毎日3~4回使うと1回の充電で約2カ月使用できる。

専用コネクターを接続し、警報機能をオフに設定することもできる。海外や満員電車、人混みの中など、危険だと感じる場所のみで使用可能だ。

ブリーフケースとして利用できるほか、内側に収納されているショルダーベルトを取り出してバックパックとしても使える。背面/ショルダー部にクッション素材を採用しているので長時間の使用も問題ない

防水ファスナーと防水素材を採用しているほか、衣服や一眼レフカメラを収納できるクッション付き可動式間仕切りも付属。バッグの中で物が動かないよう固定できる。

定価は1万5000円。Makuakeでは、27%オフとなる1万950円で購入できるプランなどを用意している(価格は全て税込)。

グロースピークは、Makuakeにて2019年2月27日までクラウドファンディング中だ。目標金額30万円に対し、2018年12月21日の時点で85万円以上が集まっている。2019年6月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る