新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SLA方式で造形高さ400mm——13.3/5.5インチ×2のLCDが選べるSLA方式3Dプリンター「Phrozen Transform」

LCD SLA(光造形)方式を採用した3Dプリンター「Phrozen Transform」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンディング開始後、わずか3分で目標額の調達に成功している。

photo

Phrozen Transformは、高さ400mmの造形ができるLCD SLA方式の3Dプリンター。Z軸にデュアルリニアレールやボールスクリューなど工業グレードのパーツを採用し、大容量の造形物でもぐらつかず、高精細なプリントができる。歯科向け、ジュエリーデザイン、プロトタイプ、ミニチュアフィギュアの作製などに適しているという。

photo

Phrozen Transformの特徴は、2種類のLCDに対応し、30秒程度で簡単に交換できることだ。13.3インチLCDパネルを使用すれば、最大約292×165×400mmの造形エリアでXY軸の精度は76µm、5.5インチパネル2枚を使えば最大約120×68×400mmの造形物を2個同時に出力できる。この場合のXY軸の精度は47µmだ。Z軸の精度は10µmとなる。

photo

本体には5インチタッチパネルを搭載し、USB/LAN/Wi-Fi接続に対応する。光源に405nm UV-LED ParaLEDマトリックスを採用し、独自開発の「ParaLED Optical Engine」システムにより、LCDパネルを通して造形物の表面の約95%に安定した照射ができるとしている。

photo

本体のサイズは約385×356×617mmで、重さは33kg。汎用レジンが使えるが、ほかにも表面の堅さが特徴の「Rock-Black Stiff」、高精細な造形ができる「Wax Pro Castable」、丈夫な「Nylon-Green Tough」、透明度の高い「Semi-Clear」、熱に強く低伸縮、堅さが特徴の「TR250」といった各種レジンを用意している。

photo

Phrozen Transformの13.3インチLCDパネルのみ付属するスタンダードタイプ/13.3+5.5インチLCD×2のデラックスタイプの予定小売価格は、それぞれ1799ドル(約20万4000円)/1999ドル(約22万7000円)で、今なら数量限定の早割価格1349ドル(約14万9000円)/1549ドル(約17万円)で入手でき、レジン1kg入りが5本付属する。2019年7月以降の出荷を予定しており、日本への送料は125ドル(約1万4200円)/135ドル(約1万5300円)だ。

photo

Phrozen Transformは、2019年1月26日までクラウドファンディングを実施中。2018年12月25日時点で、3万ドル(約340万円)の目標額を大幅に上回る31万ドル(約3400万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る