新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Makers Boot Camp、スマートティーポット「Teplo」開発スタートアップへ投資

TAG

クラウドファンド 新製品 アクセラレータ

Makers Boot Campは2018年12月21日、ジェネラルパートナーとして管理する「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」から、スマートティーポット「Teplo」(テプロ)を開発するLOAD&ROADへ投資したことを発表した。

Teploは、茶葉から抽出する最適な温度条件や抽出時間を再現できるティーポットだ。例えば玉露(55℃で4分抽出→揺らしながら3分)や紅茶(90℃で2分間抽出)など、それぞれの茶葉にあった抽出方法(国際特許取得済み)をアプリで選べる。お茶の詳しい入れ方を知らなくても、誰でも最高のお茶を楽しめる仕組みだ。

開発元は、水筒型のTeplo1.0を、2016年にKickstarterで7.4万ドル(約820万円)の資金調達に成功しており、2017年には全購入者に送付された。 Teplo 2.0は1号機の開発で蓄積された知識を活かし、より個人の好みに合ったお茶を提供するために開発中だ。MBCからは投資と同時に量産化に向けた技術支援も受けており、2019年上期にKickstarterでプロジェクトを開始予定だ。

Teplo 2.0のセンサーには、脈拍/体温といった利用者のコンディションと部屋の温度や湿度等も考慮すると同時に、ストレスレベル等に応じて最適なお茶を準備してくれる機能も搭載予定だという。 MBCは今後も海外の市場を目指すスタートアップへの投資と技術支援を通じて、日本の優れた技術力を世界に向けて発信すると表明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  2. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  6. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  7. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  8. 東北にMaker Faireがやってきた! 仙台に集まった個性豊かな東北Makerたち #SendaiMMF
  9. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)
  10. Windows 10 IoT CoreとRaspberry PiでIoTデバイスを作成——IoTデバイスプログラミング入門の第2版を刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る