新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiとROSでロボットを動かそう——オーム社、「Scamperによる ROS & Raspberry Pi製作入門」発刊

オーム社は、Raspberry Piを搭載する研究/教育用ロボット「Scamper」を使い、ROSを基本から学ぶことができる学習書「Scamperによる ROS & Raspberry Pi製作入門」を発売した。

Scamperは、オムニホイールやメカナムホイール、超音波センサーを備えた研究/開発/教育用ロボットキットだ。制御用にRaspberry Piを搭載し、ミドルウェアにはROS(Robot Operating System)を採用している。

本書は、Scamperを活用して複雑な移動制御や画像処理、またロボットの遠隔操作などを学ぶことができる解説書だ。ロボット作りにかかわる研究開発や学習を始めようとしている大学研究室員や企業エンジニア、またROSをこれから学ぼうとしている人向けを想定している。

まず準備として、Raspberry PiやROSのセットアップの解説から始まり、ROSプログラミングの基礎の解説。さらに応用として全方向移動ロボットの走行制御やステレオカメラを使った物体追従などに挑戦する。

著者は鹿貫悠多氏で、監修はScamper開発元のリバスト。B5判240ページで定価が3240円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る