新しいものづくりがわかるメディア

RSS


299ドルで買える光造形プリンター——高精細な造形が可能なLCD SLA方式3Dプリンター「Paladin」

LCD SLA(光造形)方式を採用した3Dプリンター「Paladin」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンディング開始後、わずか10時間で目標額の調達に成功している。

photo

Paladinは、プレートが下から上に移動しながら出力するボトムアップタイプのLCD SLA方式の3Dプリンター。299ドルと安価な「Paladin Air」でも、高精細でプリントできる充実した機能を備える。

photo

Paladinは、アルミニウム製ボディとデュアルZ軸スライドで安定した動作を確保。光源にはLED「405NM」×28個を採用し、一般的なLCDスクリーンよりも厚い1.3mmのLCDスクリーンは耐熱性が高く、高精細かつ約20倍(最大3000回)の造形が可能だとしている。

photo

操作は2.8インチのタッチスクリーンから行い、プリントの進行を確認できる。ほかにも、造形時に生じるフュームを除去する空気洗浄機を内蔵し、スタンダードタイプには、オートレベリング機能とレジンを自動でタンクに注入するオートレジンポンプを備える。

photo

本体のサイズは360×200×200mmで、重さは6.5kg。最大造形サイズは150×130×73mmで、XY軸の分解能は50μm、Z軸の分解能は10μm、最高プリントスピードは毎時60mmだ。データのやり取りは、USBポートから行う。

photo

レジンは、スムーズに細部を表現できる「スタンダード」、ソフトな仕上がりの「フレキシブル」、クラフトやジュエリーデザイン向けの耐火素材「キャスタブル」、丈夫でゴム弾性のある「タッチ」を用意する。

photo

PaladinとPaladin Airの予定小売価格はそれぞれ599ドル(約6万7400円)/439ドル(約4万9400円)で、今なら数量限定の早割価格419ドル(約4万7200円)/299ドル(約3万3600円)で入手できる。オプションで、各種レジンやレジンタンク、LCDスクリーンを用意している。2019年4月の出荷を予定しており、日本への送料は49ドル(約5510円)だ。

Paladinは、2019年1月26日までクラウドファンディングを実施中。2018年12月27日時点で、5万ドル(約536万円)の目標額を大幅に上回る16万9000ドル(約1870万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る