新しいものづくりがわかるメディア

RSS


299ドルで買える光造形プリンター——高精細な造形が可能なLCD SLA方式3Dプリンター「Paladin」

LCD SLA(光造形)方式を採用した3Dプリンター「Paladin」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンディング開始後、わずか10時間で目標額の調達に成功している。

photo

Paladinは、プレートが下から上に移動しながら出力するボトムアップタイプのLCD SLA方式の3Dプリンター。299ドルと安価な「Paladin Air」でも、高精細でプリントできる充実した機能を備える。

photo

Paladinは、アルミニウム製ボディとデュアルZ軸スライドで安定した動作を確保。光源にはLED「405NM」×28個を採用し、一般的なLCDスクリーンよりも厚い1.3mmのLCDスクリーンは耐熱性が高く、高精細かつ約20倍(最大3000回)の造形が可能だとしている。

photo

操作は2.8インチのタッチスクリーンから行い、プリントの進行を確認できる。ほかにも、造形時に生じるフュームを除去する空気洗浄機を内蔵し、スタンダードタイプには、オートレベリング機能とレジンを自動でタンクに注入するオートレジンポンプを備える。

photo

本体のサイズは360×200×200mmで、重さは6.5kg。最大造形サイズは150×130×73mmで、XY軸の分解能は50μm、Z軸の分解能は10μm、最高プリントスピードは毎時60mmだ。データのやり取りは、USBポートから行う。

photo

レジンは、スムーズに細部を表現できる「スタンダード」、ソフトな仕上がりの「フレキシブル」、クラフトやジュエリーデザイン向けの耐火素材「キャスタブル」、丈夫でゴム弾性のある「タッチ」を用意する。

photo

PaladinとPaladin Airの予定小売価格はそれぞれ599ドル(約6万7400円)/439ドル(約4万9400円)で、今なら数量限定の早割価格419ドル(約4万7200円)/299ドル(約3万3600円)で入手できる。オプションで、各種レジンやレジンタンク、LCDスクリーンを用意している。2019年4月の出荷を予定しており、日本への送料は49ドル(約5510円)だ。

Paladinは、2019年1月26日までクラウドファンディングを実施中。2018年12月27日時点で、5万ドル(約536万円)の目標額を大幅に上回る16万9000ドル(約1870万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る