新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分で組み立てて飛ばせるドローン——木製ホビードローン「WOODEN DIY DRONE」

木製フレームを使い、重量75gと軽量なホビードローン「WOODEN DIY DRONE」がMakuakeに登場。開始40分で目標額を達成し、人気を集めている。

photo

WOODEN DIY DRONEは、木製フレームを採用した小型ドローン。操作は付属のコントローラーから行い、プログラミングモジュールを追加すれば、プログラミング飛行も可能だ。

photo

重量は約75gと軽量で、室内などの障害物の多い場所でも比較的安全に飛行させることができる。重量200g未満のホビードローンであり、ドローン航空法の適用外だ。

photo

最大50mまでの高さまで飛行可能で、スマートフォンを利用して上空からのカメラ映像を見ることもできる。

photo

難易度やデザインの異なる4つのタイプの筐体が付属しており、モーターなどを付け替えて使用する。木製ということで強度に不安はあるが、Makuakeでのリターンには練習用のテスト飛行用パーツが付属するという。修理用パーツがあれば、練習中に破損しても簡単な修理が可能だ。

photo

約40分の充電で8~10分の飛行ができ、カメラの解像度は1280×720。セット内容は4種の木製筐体とモーター、カメラモジュール、コントローラー、ドローン用およびコントローラー用バッテリー、チャージャー、日本語説明書で、プログラミングモジュール付きを選択した場合は、同モジュールが加わる。

支援およびリターン内容は、【先着50名様限定 30%OFF】4タイプのドローンセット1万3860円、【先着80名様限定 20%OFF】4タイプのドローンセット1万5840円、【先着80名様限定 20%OFF】4タイプのドローンとプログラミングモジュール1万7440円(いずれも税込)などが用意されている。

プロジェクト目標20万円のところ、2018年12月27日現在80万円以上の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る