新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分で組み立てて飛ばせるドローン——木製ホビードローン「WOODEN DIY DRONE」

木製フレームを使い、重量75gと軽量なホビードローン「WOODEN DIY DRONE」がMakuakeに登場。開始40分で目標額を達成し、人気を集めている。

photo

WOODEN DIY DRONEは、木製フレームを採用した小型ドローン。操作は付属のコントローラーから行い、プログラミングモジュールを追加すれば、プログラミング飛行も可能だ。

photo

重量は約75gと軽量で、室内などの障害物の多い場所でも比較的安全に飛行させることができる。重量200g未満のホビードローンであり、ドローン航空法の適用外だ。

photo

最大50mまでの高さまで飛行可能で、スマートフォンを利用して上空からのカメラ映像を見ることもできる。

photo

難易度やデザインの異なる4つのタイプの筐体が付属しており、モーターなどを付け替えて使用する。木製ということで強度に不安はあるが、Makuakeでのリターンには練習用のテスト飛行用パーツが付属するという。修理用パーツがあれば、練習中に破損しても簡単な修理が可能だ。

photo

約40分の充電で8~10分の飛行ができ、カメラの解像度は1280×720。セット内容は4種の木製筐体とモーター、カメラモジュール、コントローラー、ドローン用およびコントローラー用バッテリー、チャージャー、日本語説明書で、プログラミングモジュール付きを選択した場合は、同モジュールが加わる。

支援およびリターン内容は、【先着50名様限定 30%OFF】4タイプのドローンセット1万3860円、【先着80名様限定 20%OFF】4タイプのドローンセット1万5840円、【先着80名様限定 20%OFF】4タイプのドローンとプログラミングモジュール1万7440円(いずれも税込)などが用意されている。

プロジェクト目標20万円のところ、2018年12月27日現在80万円以上の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る