新しいものづくりがわかるメディア

RSS


双眼ヘッドルーペとスマートフォン画面拡大鏡の組み立てキット「MOGORIGAMI」

双眼ヘッドルーペとスマートフォン画面拡大鏡の組み立てキット「MOGORIGAMI」のクラウドファンディングがIndiegogoで進行中だ。

MOGORIGAMI

MOGORIGAMIは、双眼ヘッドルーペとスマートフォン画面拡大鏡の組み立てに必要な全てのパーツを含むキット。組み立ては2段階に分かれており、最初に双眼ヘッドルーペを作る。さらに、アタッチメントを取り付けると手持ち型のスマートフォン画面拡大鏡になる。

MOGORIGAMI

双眼ヘッドルーペは、非球面プリズムレンズを採用し、倍率は6倍でLEDライト付き。ゴーグル型で、はんだ付けや細かい部品の組み立て作業などに向いている。また、網膜損傷や加齢性黄斑変性症のため視機能が低下しているロービジョンの人向けリーディンググラスとしても使用できる。

MOGORIGAMI

スマートフォン画面拡大鏡は、双眼ヘッドルーペの外側にスマートフォン用アタッチメントを取り付け、スマートフォンをバンドで固定して使うようになっている。視野角は水平90度、垂直50度で、拡大率は4倍。この拡大鏡を使うと、10インチ(約254mm)離れたところにある18インチディスプレイを見ているように感じるという。映画鑑賞のほか、AR(拡張現実)アプリを楽しんだり、スマートフォンでの動画や写真撮影時にファインダーとして使用したりできる。

MOGORIGAMI
MOGORIGAMI

MOGORIGAMIの対象年齢は8歳以上。1~2時間で組み立てられるが、解説動画を見ながら組み立てる必要がある。

MOGORIGAMIの早期割引価格は、10ドル(約1100円)。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は6ドル(約700円)だ。

MOGORIGAMIは、2019年1月末までクラウドファンディングを実施。2018年12月28日時点で、目標の500ドル(約5万6000円)を上回る約880ドル(約9万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る