新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光を失った犬に心の光を——視力を失った犬のための装着具「ドッグバンパー・イージー」発売へ

AtomicWorksは、ケガや病気で視力を失った犬用装着具「ドッグバンパー」の廉価版として、「ドッグバンパー・イージー」を2019年1月に発売する予定だ。

従来品のドッグバンパーは完全オーダーメイドで、愛犬の身体のサイズや体形に合わせて3Dプリンターで製作するため造形時間が長く、製品価格が高くなりがちという課題があった。

ドッグバンパー・イージーは地面に近い障害物に引っかからないよう、従来品のドッグバンパーに装備される先端角度切換機構、家具防傷プロテクターなどを廃止。さらに、獣医師のアドバイスを得て3Dプリント造形時間が長いサイドフレームも廃止し、サイズの小さい背あてを採用するなどの改良が施されている。

装着によるストレス軽減のため、重量にもこだわって製作されており、従来品で100g以下と軽量だ。

素材にはPLA樹脂を採用。価格は1万円~2万5000円(税別)で、愛犬の身体の大きさにより価格が変動する。

若年性白内障で寝てばかりのキャバリアが走って散歩できるようになった例や、緑内障のMシュナウザーの眼圧が下がった、目の腫れが改善されたという例もあるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売
  10. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る