新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光を失った犬に心の光を——視力を失った犬のための装着具「ドッグバンパー・イージー」発売へ

AtomicWorksは、ケガや病気で視力を失った犬用装着具「ドッグバンパー」の廉価版として、「ドッグバンパー・イージー」を2019年1月に発売する予定だ。

従来品のドッグバンパーは完全オーダーメイドで、愛犬の身体のサイズや体形に合わせて3Dプリンターで製作するため造形時間が長く、製品価格が高くなりがちという課題があった。

ドッグバンパー・イージーは地面に近い障害物に引っかからないよう、従来品のドッグバンパーに装備される先端角度切換機構、家具防傷プロテクターなどを廃止。さらに、獣医師のアドバイスを得て3Dプリント造形時間が長いサイドフレームも廃止し、サイズの小さい背あてを採用するなどの改良が施されている。

装着によるストレス軽減のため、重量にもこだわって製作されており、従来品で100g以下と軽量だ。

素材にはPLA樹脂を採用。価格は1万円~2万5000円(税別)で、愛犬の身体の大きさにより価格が変動する。

若年性白内障で寝てばかりのキャバリアが走って散歩できるようになった例や、緑内障のMシュナウザーの眼圧が下がった、目の腫れが改善されたという例もあるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る