新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空中警戒から電子戦まで——AIを使って有人機との連携ミッションも可能なボーイングの最新軍用ドローン「ATS」

Boeing photo

ボーイングは2019年2月27日、最新の軍用ドローン「ボーイング・エアパワー・チーミング・システム(ATS:Airpower Teaming System)」の模型をオーストラリア国際航空ショーで発表した。単機による自律航行はもちろん、AI(人工知能)を使用して有人航空機と安全距離を保ちながら連携できる。初飛行は2020年を予定している。

ATSの全長は11.7m、航続距離は3700km以上で、戦闘機に匹敵する性能を備えている。統合センサーを搭載し、ISR(情報収集/警戒監視/偵察)から電子戦まで様々な任務にあたることができる。迅速な任務変更への対応、他機との安全距離の確保、既存の軍用機との連携を通じて、空中ミッションを補完し拡張する。

同社は研究開発活動の一環として、「ロイヤル・ウィングマン-アドバンスト・デベロップメント・プログラム」と呼ぶ試作機をオーストラリア政府と開発し、そこから得た知見をATSの製造に反映するとしている。

ATSはボーイング・オーストラリアが世界中の顧客のために開発するもので、各国のニーズに応じて自国の装備品や機能を統合できるように設計する予定。同社がアメリカ国外で無人航空機を開発するのは初めてだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る