新しいものづくりがわかるメディア

RSS


空中警戒から電子戦まで——AIを使って有人機との連携ミッションも可能なボーイングの最新軍用ドローン「ATS」

Boeing photo

ボーイングは2019年2月27日、最新の軍用ドローン「ボーイング・エアパワー・チーミング・システム(ATS:Airpower Teaming System)」の模型をオーストラリア国際航空ショーで発表した。単機による自律航行はもちろん、AI(人工知能)を使用して有人航空機と安全距離を保ちながら連携できる。初飛行は2020年を予定している。

ATSの全長は11.7m、航続距離は3700km以上で、戦闘機に匹敵する性能を備えている。統合センサーを搭載し、ISR(情報収集/警戒監視/偵察)から電子戦まで様々な任務にあたることができる。迅速な任務変更への対応、他機との安全距離の確保、既存の軍用機との連携を通じて、空中ミッションを補完し拡張する。

同社は研究開発活動の一環として、「ロイヤル・ウィングマン-アドバンスト・デベロップメント・プログラム」と呼ぶ試作機をオーストラリア政府と開発し、そこから得た知見をATSの製造に反映するとしている。

ATSはボーイング・オーストラリアが世界中の顧客のために開発するもので、各国のニーズに応じて自国の装備品や機能を統合できるように設計する予定。同社がアメリカ国外で無人航空機を開発するのは初めてだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  3. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  4. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  7. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  8. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  9. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  10. マイコンを使ったIoT初心者向けワークショップから、オンラインでも参加できる無料3D CADを使った3Dモデリング講座まで(3月21日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る