新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」

タブレットPC向けSoCのIntel Atom x5-Z8350を搭載するワンボードマイコン「ATOMIC Pi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

ATOMIC Piの価格は34ドルと、Raspberry Pi 3 model B+より低価格ながら、より高いCPUパワー、2GBメモリに16GB eMMCと豊富なリソースが利用できるシングルボードコンピューター。電源とGPIOを引き出せる26ピンヘッダーを備え、広いプロトタイプエリアが使える専用のブレークアウトシールドも用意している。

photo

ATOMIC Piの主な仕様は、IntelのクアッドコアCPU「Atomx5-Z8350」(2Mキャッシュ、最大 1.92GHz)とGPU(480MHz)、メモリに2GBの「DDR3L-1600」、16GBのeMMCを搭載し、最大256GbのSDスロットを備える。ほかにも、フルHDMIポート、IntelのHDグラフィック/オーディオ用出力、USB 3.0/2.0ポート、デュアルバンドWi-Fi(b/g/n) 2.4/5GHz Wi-Fi RT5572 IPX用コネクター、Bluetooth 4.0チップ「CR8510」、ギガビットRJ45イーサネットチップ「RTL8111G」、コンパス付き9軸ナビゲーションセンサーモジュール「BNO055」、最大3.6MbpsのTTLシリアルデバッグ/拡張シリアル用ポート、RTC(リアルタイムクロック)/バッテリー、JSTスタイルのコネクター、電源/GPIO用26ピンヘッダーなどを搭載する。

photo

5V(4~15W)で駆動し、SD、USB、イーサネットを介しBIOSで起動する。OSはLinuxがプリロードされており、開発元はWindows10 64bitにも対応するとしている。本体のサイズは100×130×50mm(ヒートシンク含む)で、オプションのブレークアウトシールド装着時は120×150mmになる。

ATOMIC Piは、ブレークアウトシールドなし/ありのタイプをそれぞれ34ドル(約3720円)/49ドル(約5360円)で提供するが、今のところアメリカのみの出荷に対応する。

ATOMIC Piは、2019年1月12日までクラウドファンディングを実施中。1月7日時点で、3500ドル(約38万3000円)の目標額を大幅に上回る約6万ドル(約650万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る