新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」

タブレットPC向けSoCのIntel Atom x5-Z8350を搭載するワンボードマイコン「ATOMIC Pi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

ATOMIC Piの価格は34ドルと、Raspberry Pi 3 model B+より低価格ながら、より高いCPUパワー、2GBメモリに16GB eMMCと豊富なリソースが利用できるシングルボードコンピューター。電源とGPIOを引き出せる26ピンヘッダーを備え、広いプロトタイプエリアが使える専用のブレークアウトシールドも用意している。

photo

ATOMIC Piの主な仕様は、IntelのクアッドコアCPU「Atomx5-Z8350」(2Mキャッシュ、最大 1.92GHz)とGPU(480MHz)、メモリに2GBの「DDR3L-1600」、16GBのeMMCを搭載し、最大256GbのSDスロットを備える。ほかにも、フルHDMIポート、IntelのHDグラフィック/オーディオ用出力、USB 3.0/2.0ポート、デュアルバンドWi-Fi(b/g/n) 2.4/5GHz Wi-Fi RT5572 IPX用コネクター、Bluetooth 4.0チップ「CR8510」、ギガビットRJ45イーサネットチップ「RTL8111G」、コンパス付き9軸ナビゲーションセンサーモジュール「BNO055」、最大3.6MbpsのTTLシリアルデバッグ/拡張シリアル用ポート、RTC(リアルタイムクロック)/バッテリー、JSTスタイルのコネクター、電源/GPIO用26ピンヘッダーなどを搭載する。

photo

5V(4~15W)で駆動し、SD、USB、イーサネットを介しBIOSで起動する。OSはLinuxがプリロードされており、開発元はWindows10 64bitにも対応するとしている。本体のサイズは100×130×50mm(ヒートシンク含む)で、オプションのブレークアウトシールド装着時は120×150mmになる。

ATOMIC Piは、ブレークアウトシールドなし/ありのタイプをそれぞれ34ドル(約3720円)/49ドル(約5360円)で提供するが、今のところアメリカのみの出荷に対応する。

ATOMIC Piは、2019年1月12日までクラウドファンディングを実施中。1月7日時点で、3500ドル(約38万3000円)の目標額を大幅に上回る約6万ドル(約650万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  2. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  3. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  4. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  5. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  6. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  7. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  8. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  9. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  10. 音波の一方通行を実現する新技術

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る