新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東京の下町工場がひとつひとつ丁寧に——金属の切削加工で作り出す食卓インテリア「seSSaku」

テーブルインテリア「seSSaku」が、Makuakeにて出資を募っている。

seSSakuを製作するのは、東京下町の金属加工工場である石井精工だ。製作にあたり金型は一切使用せず、金属の塊から形を削りだす「切削加工」により製作しており、熟練職人の技術による文様を日常で楽しめる。

微細な加工による、整然としたディテールと高級感ある風合いが特徴だ。細かい線状の加工だけでなく、くびれた形状なども切削する工程で作り上げている。

hashi-oki

カラーリングにもこだわりが光る。食卓に並んでも使いやすく高級感もある色として、ゴールド/シルバーに加え、ガンメタ色をカラーバリエーションに採用している。

ラインアップは「hashi-oki」、「glass tray」、「chiisai-osara」の3種類だ。サイズはhashi-okiがΦ34×16mm、重量は26g、glass trayはΦ98×4mm、重量は69g、chiisai-osaraがΦ98×20mm、重量が136gとなる。素材は全てアルミニウムを採用している。

glass tray

販売予定価格はglass trayが1万3800円、chiisai-osaraが1万4800円、hashi-okiが1万5900円。Makuakeでは、それぞれ約35~40%オフで購入できるプランなどを用意している。(価格はすべて税込)

chiisai-osara

seSSakuは、Makuakeにて2019年2月21日までクラウドファンディング中だ。目標金額20万円は達成済みで、2019年1月7日時点で21万5000円以上が集まっている。2019年5月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る