新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東京の下町工場がひとつひとつ丁寧に——金属の切削加工で作り出す食卓インテリア「seSSaku」

テーブルインテリア「seSSaku」が、Makuakeにて出資を募っている。

seSSakuを製作するのは、東京下町の金属加工工場である石井精工だ。製作にあたり金型は一切使用せず、金属の塊から形を削りだす「切削加工」により製作しており、熟練職人の技術による文様を日常で楽しめる。

微細な加工による、整然としたディテールと高級感ある風合いが特徴だ。細かい線状の加工だけでなく、くびれた形状なども切削する工程で作り上げている。

hashi-oki

カラーリングにもこだわりが光る。食卓に並んでも使いやすく高級感もある色として、ゴールド/シルバーに加え、ガンメタ色をカラーバリエーションに採用している。

ラインアップは「hashi-oki」、「glass tray」、「chiisai-osara」の3種類だ。サイズはhashi-okiがΦ34×16mm、重量は26g、glass trayはΦ98×4mm、重量は69g、chiisai-osaraがΦ98×20mm、重量が136gとなる。素材は全てアルミニウムを採用している。

glass tray

販売予定価格はglass trayが1万3800円、chiisai-osaraが1万4800円、hashi-okiが1万5900円。Makuakeでは、それぞれ約35~40%オフで購入できるプランなどを用意している。(価格はすべて税込)

chiisai-osara

seSSakuは、Makuakeにて2019年2月21日までクラウドファンディング中だ。目標金額20万円は達成済みで、2019年1月7日時点で21万5000円以上が集まっている。2019年5月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る