新しいものづくりがわかるメディア

RSS


太陽エネルギーで無限に飛び続けられる——翼長74mの軽量無人飛行機「Odysseus」

米Boeingの子会社Aurora Flight Sciencesは2018年11月14日、太陽光だけで飛行する無人飛行機「Odysseus(オデュッセウス)」を発表した。成層圏を長時間飛行する高高度擬似衛星で、気候変動や天候に関連した観測を行うことができる。初フライトは2019年春を予定している。

Odysseusはカーボンファイバーと耐UVフィルムといった軽量素材で作られている。エネルギーは太陽光発電のみで、昼間に発電した電気をバッテリーに蓄えることで夜間も飛行できる。翼長74mで、最大積載量は25kg以上。機体重量は明らかにしていないが、スマートカーよりは軽量ということだ。

耐久性が高く、1年を通して持続的かつ自律的な飛行制御ができ、特定の場所でのデータ収集や地上との通信が可能だ。衛星より低コストで、従来のUAV(無人飛行機)より長時間の飛行ができるという。長期的な気候変動の調査、ピーク時の暴風雨のモニタリングなどのほかに、通信やネットワーク分野での利用も見込む。

Odysseusの発想の基になったのは、1988年にギリシャのクレタ島からサントリーニ島まで115kmを飛行した人力飛行機「Daedalus(ダイダロス)」だ。Daedalusの飛行記録は、現在も世界一と認定されている。この開発に加わったのが、後にAuroraを設立するMITのチームで、その中にはAuroraの社長兼CEOであるJohn Langford氏も含まれていた。

なお、Daedalusは、クレタ島の迷宮を作ったともされるギリシャ神話の名工。Odysseusは同じくギリシャ神話に登場し、トロイア戦争で活躍した後、10年間におよぶ漂泊の旅をした英雄だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る