新しいものづくりがわかるメディア

RSS


WHILL、歩道領域のための「WHILL自動運転システム」をCES 2019で発表

WHILLは、歩道領域のための「WHILL自動運転システム」を、CES 2019に展示することを発表した。

photo

WHILL自動運転システムは、自動運転や自動停止機能などを備えたWHILL自動運転モデルと、複数の機体を管理、運用するシステムから構成される、これまでのMaaS(Mobility as a Service)になかった、歩道領域における自動運転システムだ。長距離の歩行を困難と感じる高齢者や障害者の移動シーンをスマートにするというコンセプトのもと、地図情報を周囲の状況と照らし合わせた安全な自動走行、通信回線を使った複数機体の位置情報の一元管理、使用シーンにあわせたオプションやアプリケーションを開発するなどの特長を持つ。

photo

WHILL自動運転モデルは、独自に開発したステレオカメラを前、横方向監視のために、左右のアーム部分に1台ずつ搭載、後方にもセンサーなどを搭載し、バック走行の際のぶつかりなどに備える。

空港、商業施設、観光地、スマートシティなどでのシェアリングを想定し、誰でも簡単で安全に走行できる機能を備え、車椅子の運搬、回収、管理など、人手を減らす自動運転機能などを搭載している。移動に困難を伴う人にとって移動を快適なものとし、施設運営事業者などにとって運用費用を大幅に削減できるという。

photo

現在スキポール空港(オランダ)、ヒースロー空港(イギリス)、ラガーディア空港(アメリカ)などでの実用化に向けた協議を関係各社と進めているほか、スポーツ施設、商業施設、観光地などでの実用化を順次進めて行く。施設以外では、小田急グループほか3社とMaaS連携を開始し、2020年を目処に公道での実用化を目指すとしている。

photo CES 2019でのWHILLの出展ブースイメージ。

なお、アメリカ・ラスベガスで2019年1月8日~11日に開催されるCES 2019では、自動走行と自動停止のデモを実際に体験できるようなブースでの展示を予定し、CES 2019のAccessibilityカテゴリー最優秀賞を受賞している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  7. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  8. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る