新しいものづくりがわかるメディア

RSS


WHILL、歩道領域のための「WHILL自動運転システム」をCES 2019で発表

WHILLは、歩道領域のための「WHILL自動運転システム」を、CES 2019に展示することを発表した。

photo

WHILL自動運転システムは、自動運転や自動停止機能などを備えたWHILL自動運転モデルと、複数の機体を管理、運用するシステムから構成される、これまでのMaaS(Mobility as a Service)になかった、歩道領域における自動運転システムだ。長距離の歩行を困難と感じる高齢者や障害者の移動シーンをスマートにするというコンセプトのもと、地図情報を周囲の状況と照らし合わせた安全な自動走行、通信回線を使った複数機体の位置情報の一元管理、使用シーンにあわせたオプションやアプリケーションを開発するなどの特長を持つ。

photo

WHILL自動運転モデルは、独自に開発したステレオカメラを前、横方向監視のために、左右のアーム部分に1台ずつ搭載、後方にもセンサーなどを搭載し、バック走行の際のぶつかりなどに備える。

空港、商業施設、観光地、スマートシティなどでのシェアリングを想定し、誰でも簡単で安全に走行できる機能を備え、車椅子の運搬、回収、管理など、人手を減らす自動運転機能などを搭載している。移動に困難を伴う人にとって移動を快適なものとし、施設運営事業者などにとって運用費用を大幅に削減できるという。

photo

現在スキポール空港(オランダ)、ヒースロー空港(イギリス)、ラガーディア空港(アメリカ)などでの実用化に向けた協議を関係各社と進めているほか、スポーツ施設、商業施設、観光地などでの実用化を順次進めて行く。施設以外では、小田急グループほか3社とMaaS連携を開始し、2020年を目処に公道での実用化を目指すとしている。

photo CES 2019でのWHILLの出展ブースイメージ。

なお、アメリカ・ラスベガスで2019年1月8日~11日に開催されるCES 2019では、自動走行と自動停止のデモを実際に体験できるようなブースでの展示を予定し、CES 2019のAccessibilityカテゴリー最優秀賞を受賞している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る