新しいものづくりがわかるメディア

RSS


車両情報を活用したスマホアプリが作れる——カーメイト、OBD2アダプター用SDKを公開

カーメイトは、同社のOBD2アダプター「DriveMate d-OBD」で取得した車両情報をスマートフォンアプリで利用可能にするiOS向けSDK「DriveMate d-OBD SDK for iOS」を公開した。

同社では、車両に搭載されている故障診断コネクターに接続して車両情報を取得するOBD2アダプターを活用したアプリケーション開発を行ってきた。今回、車両情報を利用したアプリケーションを、より多くの人に開発、活用してもらうことを狙って当SDKを公開した。

当SDKを利用してDriveMate d-OBDから取得できる情報は、最大以下の19種[単位]だ:

回転数[rpm]、速度[km/h]、瞬間燃費[m/μl]、水温[℃]、スロットルポジション、累積走行距離[m]、累積燃料消費量[ml]、燃料カット走行距離[m]、エコドライブ時間[s]、走行距離[m]、最高速度[km/h]、平均速度[km/h]、最高回転数[rpm]、アイドリングストップ時間[s]、アイドリング時間[s]、エコスタート回数、発進停止回数、燃料消費量[ml]、走行時間[s]。

具体的には、エンジン回転数や燃費を表示するメーターやラリーコンピューター、ナビアプリの慣性航法の補助、最高速度や急加速の検知などの安全運転診断アプリなどへの応用が考えられる。

なお、DriveMate d-OBDは技適マーク取得済。当SDKはGitHub上から個人、法人また商用、非商用問わずダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る