新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」

手で動かしてプリントするハンディータイプのモバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」のクラウドファンディングがKickstarterで行われている。

PrintBrush XDR

PrintBrush XDRは、平均的なスマートフォン程度の重さのカラーインクジェットプリンター。プリントしたい物の表面に置き、プリンター本体を手で動かしてプリントするユニークなガジェットだ。例えば、A4用紙にプリントする場合は、ブラシで用紙を塗りつぶすようにPrintBrush XDRを右から左、または、左から右に動かしてプリントする。

PrintBrush XDR
PrintBrush XDR

PrintBrush XDRは持ち運びに便利なうえ、紙以外でも木材、コルク材、布地などさまざまな素材の表面にプリントできる。瓶のような立体物でも表面に沿って動かせば、プリント可能だ。もっとも、1回動かすごとにプリント部の上下に若干の余白が生じるため、写真のプリントは難しいようだ。

PrintBrush XDRのコントロールは、スマートフォン、タブレット、またはPC上の専用アプリで行う。専用アプリ上でプリントしたい画像データを選択してプリントボタンをクリックし、PrintBrush XDRをプリントしたい物の表面で動かすとプリントできる。プリンタードライバーは不要だ。また、500mAhリチウムポリマー充電池を内蔵しており、画像データをあらかじめ本体に保存していれば単体でも使える。Wi-Fi通信に対応しているほか、USB接続でも使える。

PrintBrush XDR

PrintBrush XDRの大きさは111.2×76.5×72.7mm(ドッキングステーションを含む)。重さは260gだ。プリント解像度は600dpi。プリント速度は最大300mm/秒で、最適な速度は100mm/秒だ。専用インクカートリッジは交換可能で、3色(CMY)顔料インクを使用。ファイル形式は、BMP、PNG、JPEG、TIFFなどに対応する。フラッシュメモリー8MBを内蔵し、画像データを最大4つまで保持できる。

PrintBrush XDR

PrintBrush XDRの早期割引価格は、2166スウェーデンクローナ(約2万6000円)。出荷は2019年3月の予定だが、日本への送料は未定だ。

PrintBrush XDRは2019年2月1日までクラウドファンディングを実施。2019年1月21日時点で、目標の450万スウェーデンクローナ(約5500万円)に対して約260万スウェーデンクローナ(約3200万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る