新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino UNOで音声合成——英数ディスプレイ付音声合成シールド「E-Z COMMS Shield」

Arduino UNO用音声合成シールド「E-Z COMMS Shield」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

E-Z COMMS Shieldは、同クリエイターが開発した音声合成モジュール「Little Buddy Talker」をベースとしたArduino用音声合成シールドだ。音声機能以外に、バックライト制御(オン/オフ)が可能なLCD、インジケーターLED×2(赤/緑)などを搭載する。

Little Buddy Talker用に開発されたライブラリーを使うことができ、英語(男性/女性)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語の7カ国語のアルファベットとNATOフォネティックコードの読み上げ音声、および時間、数字、日時、月、数学関数、測定単位などを含む英単語254ワードの読み上げ音声を使うことができる。

photo

ビデオマニュアルでは、音声を発するためのサンプルコード、LCDの表示方法、バックライトのオン/オフの方法、LED(赤/緑)の点灯方法を紹介する。また、はんだ付けが必要なDIYキットの組み立てビデオも用意している。

E-Z COMMS ShieldのDIYキット/組み立て済みユニットは、それぞれ23カナダドル(約1900円)/27カナダドル(約2200円)で提供する。2019年2月の出荷を予定しており、日本への送料は8カナダドル(約660円)だ。

E-Z COMMS Shieldは、2019年2月10日までクラウドファンディングを実施中。1月22日時点で、2200カナダドル(約18万円)の目標額を上回る約3500カナダドル(約29万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る