新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Maker Faireが関西にやってくる——「Maker Faire Kyoto 2019」開催

オライリー・ジャパンは、関西初となる「Maker Faire Kyoto 2019」の開催概要を発表し、スポンサーと出展者の募集を開始した。

Maker Faireは、新しいテクノロジーや、これまでになかった便利なものなどを作り出すMakerが集い、展示や交流を行うフェスティバルだ。多くの展示は、小さい子どもたちでも楽しめるもので、実際にものを作る体験ができるワークショップと合わせて、新しいツールを使ってものを作ることやプログラミングなどについて、楽しみながら学ぶことができる。

国内ではこれまで東京で開催されており、2018年のMaker Faire Tokyoでは、600組のMakerが出展し、2万4千人が来場するまでになっている。

Maker Faire Kyotoへの出展希望者は、締切の2019年2月6日までに、出展申し込みフォームにて申し込みを行う。選考結果の発表は2月28日までに、出展の可否がメールにて連絡され、出展可能な場合は3月14日までに出展内容調査シートを提出すると、出展者タグと出展者マニュアルが発送される。

Maker Faire Kyotoの開催日時は、2019年5月4日(土)12:00~18:00、5月5日(日)10:00~17:00、会場は「けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)だ。

Maker Faire Tokyo 2018

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る