新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチング電源の要素技術を解説——CQ出版、設計者向け解説書「スイッチング電源[2]要素技術のマスター」発刊

CQ出版は、スイッチング電源関連設計者向けに、スイッチング電源の要素技術を解説した技術解説書「スイッチング電源[2]要素技術のマスター」を2019年2月12日に発売する。

本書は、スイッチング電源の基礎を初心者にも分かり易く説明した既刊の解説書「スイッチング電源[1]AC入力1次側の設計」の続編。「スイッチング電源[2]要素技術のマスター」は、各種電源関連素子や回路技術の解説からノイズやサージ対策まで、電源設計者向けの上級編となる。

具体的には、電源回路方式や負帰還回路技術、電源用ICの活用技術、スイッチング素子となるダイオードとMOSFET、同期整流回路、スナバ回路など、主なスイッチング電源の構成に必須の要素技術を、各章ごとに解説している。同技術のノウハウも紹介することで、スイッチング電源関連の設計者をサポートする技術書となっている。

著者は森田浩一氏、A5判280ページで定価が3024円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る