新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファームウェアで20種の機能を選択できる——ユーロラックシンセサイザープラットフォーム「Nozori」

ユーロラック対応シンセサイザープラットフォーム「Nozori」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Nozoriの機能モジュールには、ポテンショメーター×6、CV×4、ステレオ入出力を備える「Nozori 68」、ポテンショメーター×8、ステレオ入出力を備える「Nozori 84」がある。

photo

それぞれ、VCO、VCF、VCA、ADSR、LFO、オーディオエフェクト、CVジェネレーターなどスタンダードなものから特殊なものまで、1台のハードウェアを異なる20種類の機能モジュールへと切り替えられる。

photo

設定は8Pジャンパーによって内蔵するファームウェアの機能を切り替えるだけでよく、各機能モジュールに対応した印刷済みフロントパネルもオプションで用意している。

photo

Nozori 68/Nozori 84の各モジュールの予定小売価格は250ユーロ(約3万1000円)で、今ならそれぞれ数量限定の早割価格239ユーロ(約3万円)/219ユーロ(約2万7000円)で入手できる。2019年5月の出荷を予定しており、日本への送料は32ユーロ(約3960円)だ。

photo

Nozoriは、2019年2月13日までクラウドファンディングを実施中。1月23日時点で、3000ユーロ(約37万円)の目標額を上回る1万ユーロ(約120万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る