新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CES 2019 The Best of Innovation受賞——遊びながらAIを学べる自動運転ロボットカー「Zümi」

AIや自動運転技術について学べるロボットカーキット「Zümi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Zümiは、基本的なロボティクスをはじめ、マッピング&ナビゲーション、機械学習などAIのトピックについて学ぶことができるロボットカー学習キット。ステップバイステップのチュートリアルにより、1時間足らずのトレーニングでAIシステムの構築も可能だという。

photo

初心者向けにブロック言語やPythonを使ってのコーディングにも対応。上級者であれば、実際に自動運転車の開発でも使われているTensor FlowやOpen CVのライブラリーを使い、自動運転システムを構築することもできる。

photo

例えば、目的地までの最適なルートだけでなく、障害物を認識し迂回ルートを検索するナビゲーションシステムを構築したり、ジェスチャーでZümiを動かしたり、顔認識AIを作製することもできる。

photo

制御用にRaspberry Pi Zeroを使用し、ジャイロメーター、加速度計、IRセンサーなどのインターフェースにArduinoも搭載している。画像認識にはPiカメラを使い、DCモーター2個で動作し、バッテリー駆動時間は60分だ。

photo

なお、CES 2019ではロボティクス&ドローン部門で最優秀イノベーション賞を受賞している。

早割価格は119ドル(約1万3000円)。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は30ドル(約3300円)だ。

Zümiは、2019年3月9日までクラウドファンディングを実施中。1月24日時点で、5万ドル(約543万円)の目標額を上回る約7万ドル(約770万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る