新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CES 2019 The Best of Innovation受賞——遊びながらAIを学べる自動運転ロボットカー「Zümi」

AIや自動運転技術について学べるロボットカーキット「Zümi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Zümiは、基本的なロボティクスをはじめ、マッピング&ナビゲーション、機械学習などAIのトピックについて学ぶことができるロボットカー学習キット。ステップバイステップのチュートリアルにより、1時間足らずのトレーニングでAIシステムの構築も可能だという。

photo

初心者向けにブロック言語やPythonを使ってのコーディングにも対応。上級者であれば、実際に自動運転車の開発でも使われているTensor FlowやOpen CVのライブラリーを使い、自動運転システムを構築することもできる。

photo

例えば、目的地までの最適なルートだけでなく、障害物を認識し迂回ルートを検索するナビゲーションシステムを構築したり、ジェスチャーでZümiを動かしたり、顔認識AIを作製することもできる。

photo

制御用にRaspberry Pi Zeroを使用し、ジャイロメーター、加速度計、IRセンサーなどのインターフェースにArduinoも搭載している。画像認識にはPiカメラを使い、DCモーター2個で動作し、バッテリー駆動時間は60分だ。

photo

なお、CES 2019ではロボティクス&ドローン部門で最優秀イノベーション賞を受賞している。

早割価格は119ドル(約1万3000円)。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は30ドル(約3300円)だ。

Zümiは、2019年3月9日までクラウドファンディングを実施中。1月24日時点で、5万ドル(約543万円)の目標額を上回る約7万ドル(約770万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る