新しいものづくりがわかるメディア

RSS


清華大学、革新的なコンクリート3Dプリンティング技術で歩道橋を造形

清華大学は2019年1月12日、3Dプリンターを使った世界最大のコンクリート製歩道橋を完成させたと発表した。建設場所は上海市宝山区智慧湾工業園区で、清華大学の建築学院教授Xu Weiguo氏のチームらがプロジェクトの設計開発を担当した。

photo

歩道橋の長さは26.3m、幅は3.6mで、その構造は河北省趙県にある古代の安済橋をイメージしている。重さに耐えるためシングルアーチ構造を採用し、橋台間の距離は14.4m。実際の建設の前に、実物大4分の1スケールの物理モデルを作製して強度テストを実施し、歩道橋が混雑した状態の重さに耐えられる強度があることを証明した。

photo

歩道橋のプリンティングには、Xu Weiguo教授のチームが独自に開発した3Dプリンティングコンクリートシステムを採用。同システムは、デジタル建設デザイン、プリンティングパスの設計、オペレーションコントロールシステム、ロボットアーム、安定したコンクリート材料など、革新的な技術を統合し、高効率、高精度、高強度のプリンティングが可能で、長時間の作業でも安定した造形品質を保つという。

photo

作業は2本のロボットアームで450時間ほど、コストは従来の建設手法の3分の2で済んだ。造形は3次元ソリッドモデリングを適用し、メインのアーチ部、手すり部、舗装部の3つの部品で構成される。ブリッジ構造は、サイズ0.9×0.9×1.6mのくりぬいた3Dコンクリートユニット44個、手すり部と舗装部はそれぞれ68/64個ユニットを使用した。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る