新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンコンとノックして家電を操作——スマートリモコン「Knocki」

机や壁に貼り付けてノックすることでスマート家電が操作できるリモコン「Knocki」がGREEN FUNDINGにて出資を募っている。

photo

Knockiは、ノックする回数に応じ、事前に登録したアクションを自動的に実行してくれるスマートリモコンだ。スマートスピーカーのようにコマンドを読み上げる必要はなく、様々なスマート機器の制御が可能だ。

photo

ジェスチャー(ノック回数)は専用アプリから登録可能で、それぞれ最大10個のジェスチャー、最大5種類のアクションを選択できる。ジェスチャーには単純なノック回数に加え、より安全に機能を実現するため、複雑なパターン(例:ノック2回+ノック3回)なども設定できる。

photo

また、Switch LinkやSwitch Botなどと組み合わせて利用することで、既存の家電製品の制御も可能になる。

photo

本体単独でWi-Fi接続が可能なため、初期設定以降はスマホアプリ不要で動作する。バッテリーとして単4電池4本を使用し、12カ月以上使用可能だ(使用状況により変化)。取り付け面には、わずかな振動も逃さず検知するサーフェスリンク技術を採用しており、誤作動は最小限だという。

photo

取り付け方法は両面テープ/ボルトの2種類から選択可能で、平面なら縦横に加え、逆さまにも設置できる。

Knockiは、2016年に実施されたIndiegogoでのクラウドファンディングでは130万ドル(約1億5000万円)以上を調達している。また、同年に開催されたSXSW 2016のピッチイベント(One-Minute Pitch)では1位を獲得している。

一般販売予定価格は1万7300円で、GREEN FUNDINGでは20%オフとなる1万3980円で購入できるプランなどを用意している他、Switch LinkやSwitch Botが同梱されるプランも用意する。

KnockiはGREEN FUNDINGにて2019年3月29日までクラウドファンディング中だ。目標額50万円に対し、2月12日の時点で13万円以上を集めている。発送は2019年4月下旬の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る