新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レゴブロックで全長6メートルのシボレー・シルバラードを制作——GMとLEGOがタイアップ

The LEGO® Silverado is a full-size replica of the all-new 2019 Silverado 1500 LT Trail Boss.

ゼネラルモーターズ(GM)とLEGOがタイアップし、レゴブロックで実寸大のシボレー・シルバラードを制作した。モデルとなったのは「2019 シルバラード1500 LT トレイルボス」。実寸大のシボレーを玩具のブロックで作ったのは今回が初という。

GMとLEGOは2017年にも協力し、その時はバットモービル(映画「バットマン」に登場する主人公バットマンの愛車)をレゴブロックで組み立てた。両社が今回タイアップしたのは、レゴの世界観を映画化した『レゴ ムービー』の続編『レゴ ムービー2』の宣伝のためだ。宇宙からやってくる「LEGO DUPLOインベーダー」から街を守るというストーリー仕立ての同作は、日本では2019年3月29日に劇場公開を予定している。

今回の企画では、訓練された18人の「LEGO Mater Builder」たちが2000時間以上を費やし、レゴブロックの実寸大シボレー・シルバラードを見事に完成させた。本物のトラックと並べられた写真をみても、遠目では見分けもつかないほど良くできている。

完成したレゴブロックの実寸大シボレー・シルバラードのサイズは、高さが6フィート(約183cm)で、全長が20フィート(約610cm)。重量は3307ポンド(1500kg)だ。費やしたブロックの総数は33万4554個にも及び、点灯する灯火類やシボレーのロゴなども見事な出来栄えと言えるだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る