新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子回路とプログラミング、ロボティクスをカバー——STEM教育向け学習キット「STEMpedia」

STEM教育向け学習キット「STEMpedia」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

STEMpediaは、「evive」と呼ぶArduino互換ハードウェアを中心に、センサーやアクチュエーター、電子部品、機械部品などをセットにしたスターターキット、オンライン学習、プログラミングツール、モバイルアプリなどをワンストップで提供するSTEM学習向けプラットフォームだ。

photo

eviveは、開発元が2016年にクラウドファンディングを成功させたデバイスで、プラグ&プレイインタフェース、無線モジュール、タッチセンサーなど多様な機能を搭載している。

photo

オンライン学習「STEM safari」では、エレクトロニクス、プログラミング、ロボティクスの3つのコースを用意。動画やクイズを通して基本的な概念などを学び、初心者の「なぜ」「どうやって」を解消する。

photo

プログラミングツールにはScratch 3.0ベースの「PictoBlox」を採用。ドラッグ&ドロップでコーディングし、ゲーム、アニメーションの作成だけでなく、ロボットの制御もできる。また、モバイルアプリ「Dabble」を利用すれば、スマートフォンがロボットのコントローラーに早変わり。スマホ内蔵のGPS、マイク、カメラと連動して、汎用性の高い操作ができる。

photo

数量限定の特別価格は169ドル(約1万8700円)。出荷は2019年5月の予定だ。

STEMpediaは、2019年3月中旬までクラウドファンディングを実施中。2月28日時点で、5000ドル(約55万4000円)の目標額を上回る約7300ドル(約81万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る