新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジョイスティックでもプログラミングでも——Spresense搭載の小型ロボットアーム「CO-」

ジョイスティックで直感的に操作でき、プログラミングもできる小型ロボットアーム「CO-」(コー)がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

CO-は、子どもでも操作しやすいサイズ160×95×200mm、可搬重量100gほどの小型ロボットアーム。付属のジョイスティックによる直感的な操作で自在に動かすことができる。

photo

制御部にはSONY SPRESENSEを搭載し、Arduino IDEを使ったロボットプログラミングの学習目的での活用もできる。カメラ搭載モデル「CO- Camera」では、コントローラーのモニター画面を確認しながらロボット操作などができる。

photo

プロジェクト実行者は、産業機器製造技術を応用して個人向け製品を開発するスタートアップのAUTOLAB。支援者へは、CO-のカスタマイズなどを想定して本体のCADデータを無料で公開する予定だ。

photo

Makuake特別予定価格は、「ロボットアーム CO-」が2万2000円、「ロボットアームCO- camera」が4万3000円(いずれも税込み)となっている。

プロジェクトはAll or Nothing型で目標金額は15万円。2019年3月1日時点で目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る