新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジョイスティックでもプログラミングでも——Spresense搭載の小型ロボットアーム「CO-」

ジョイスティックで直感的に操作でき、プログラミングもできる小型ロボットアーム「CO-」(コー)がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

CO-は、子どもでも操作しやすいサイズ160×95×200mm、可搬重量100gほどの小型ロボットアーム。付属のジョイスティックによる直感的な操作で自在に動かすことができる。

photo

制御部にはSONY SPRESENSEを搭載し、Arduino IDEを使ったロボットプログラミングの学習目的での活用もできる。カメラ搭載モデル「CO- Camera」では、コントローラーのモニター画面を確認しながらロボット操作などができる。

photo

プロジェクト実行者は、産業機器製造技術を応用して個人向け製品を開発するスタートアップのAUTOLAB。支援者へは、CO-のカスタマイズなどを想定して本体のCADデータを無料で公開する予定だ。

photo

Makuake特別予定価格は、「ロボットアーム CO-」が2万2000円、「ロボットアームCO- camera」が4万3000円(いずれも税込み)となっている。

プロジェクトはAll or Nothing型で目標金額は15万円。2019年3月1日時点で目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る