新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジョイスティックでもプログラミングでも——Spresense搭載の小型ロボットアーム「CO-」

ジョイスティックで直感的に操作でき、プログラミングもできる小型ロボットアーム「CO-」(コー)がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

CO-は、子どもでも操作しやすいサイズ160×95×200mm、可搬重量100gほどの小型ロボットアーム。付属のジョイスティックによる直感的な操作で自在に動かすことができる。

photo

制御部にはSONY SPRESENSEを搭載し、Arduino IDEを使ったロボットプログラミングの学習目的での活用もできる。カメラ搭載モデル「CO- Camera」では、コントローラーのモニター画面を確認しながらロボット操作などができる。

photo

プロジェクト実行者は、産業機器製造技術を応用して個人向け製品を開発するスタートアップのAUTOLAB。支援者へは、CO-のカスタマイズなどを想定して本体のCADデータを無料で公開する予定だ。

photo

Makuake特別予定価格は、「ロボットアーム CO-」が2万2000円、「ロボットアームCO- camera」が4万3000円(いずれも税込み)となっている。

プロジェクトはAll or Nothing型で目標金額は15万円。2019年3月1日時点で目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  2. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  3. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  4. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  5. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  6. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  7. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  8. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  9. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  10. 音波の一方通行を実現する新技術

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る