新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ホームオーディオやホームシアターのイコライザーに——オープンソースの8ch DSPボード「freeDSP-aurora」

高性能オーディオ向けオープンソースDSPボード「freeDSP-aurora」がKickstarterに登場し、出資を募っている。8ch入出力によるオーディオストリーミングや、ESP32によるワイヤレス制御などが可能だ。

photo

freeDSP-auroraは、8chのバランス入出力を処理できるDSPボード。高級オーディオシステム向けに、4wayスピーカーのクロスオーバーネットワークや7.1chホームシアターのコントロールまで対応できる汎用性の高さと操作の容易さが特徴だ。

photo

基本となるDSPには自動車への車載にも適したアナログ・デバイセズの32ビットSigmaDSP「ADAU1452」を使用。最大動作周波数294.912MHzで、サンプルレート48kHzではサンプルあたり最大6144のSIMD命令が実行できる。またMCUには、USB Audio Class 2.0対応用にXMOS製「XE216-512-TQ128」を、Wi-FiやBluetooth制御用にESP32を搭載している。ボードサイズは100×100mm。駆動には12VDC電源が必要だ。

photo

ソフトウェア「dspControl」がインストール済み。プログラミングの知識がなくても、1チャンネルごとに、ハイパス、ローパス、位相反転など設定できる。オープンソースライセンスのため、ユーザーは制御ソフトを変更することも可能。対応OSはmacOS、Windows、iOS。

価格は195ユーロ(約2万4400円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は18ユーロ(約2250円)だ。

freeDSPは、2019年3月22日までクラウドファンディングを実施中。3月4日時点で、目標額2万1000ユーロ(約263万円)のうち、約1万7000ユーロ(約216万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る