新しいものづくりがわかるメディア

RSS


+Style、IoT電子工作ボード「obniz」のスターターセット「IoTホームキット」「AIロボットキット」発売

プラススタイルは、スマホでプログラミングできるIoT電子工作ボード「obniz(オブナイズ)」に、連携可能なモジュールを同梱したスターターセット「obniz IoTホームキット」「obniz AIロボットキット」の販売を開始した。

photo

obnizは、Wi-Fiに接続するとディスプレイ上にQRコードを表示し、それをスマートフォンで読み取ることでWebページに遷移、Web上で簡単にプログラミングできる電子工作ボードだ。動作がサーバー上のAPIとして全て定義されているため、クラウド上のサーバーにPOSTでデータを投げるだけで、ボードからの信号入出力を制御できる。

photo

obniz AIロボットキットは、スマートフォンと組み合わせて動く自動車ロボットが作成できるキットだ。自動車ロボットは、物体を認識して障害物を避けたり、Google Homeと連携した動作をプログラミングできる。

photo

obniz IoTホームキットは、自宅を手作りでスマートホーム化できるキットで、人を感知するとスマートフォンに通知したり、外出先からエアコンをONにすることなどができる。

photo

obniz AIロボットキットは1万1880円(税込)で、内容物はobniz、ダンボール、モーター、キャスター、タイヤ、距離センサーとケーブル、microUSBケーブルだ。

obniz IoTホームキットは1万2960円(税込)で、内容物はobniz、ダンボール、サーボモーターとコネクタ、赤外線モジュール、各種ねじセット、距離センサーとケーブル、microUSBケーブルとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る