新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プリントベッドを高精度にレベリング——3Dプリンター用オートベッドレベライザー「Stinger II」

3Dプリンター用オートベッドレベライザー「Stinger II」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Stinger IIは、ユーザーの3Dプリンターに搭載できる軽量、コンパクト、丈夫なプリントヘッドシステムで、ホットエンドホルダー、ファン、Fangデザインの冷却ダクト、センサー、ファームウェアなどで構成される。

センサーがビルドプレート表面の傾斜や凹凸を正確に読み取り、デジタルメッシュデータとして3Dプリンターに送る。これにより3Dプリンターの動作を補正し造形品質を高めることができる。
photo

既存のホットエンドはそのまま使え、ホットエンドは数本のネジを外すだけで取り外しできるため容易にメンテナンスができる。冷却ファンと空調を意識したダクトデザインが層流を作り、積層フィラメントの効率的な凝固や均一な温度保持を妨げるキャビテーションの発生を防ぐとしている。

photo

本体のフレームは軽量なアルマイト処理したアルミニウム、シャーシとボールベアリングはステンレス、3Dプリンター製の部品はハイブリッドABSだ。

photo

Stinger IIの予定小売価格は110ドル(約1万2200円)で、今なら数量限定の早割価格88ドル(約9700円)で提供する。2019年4月の出荷を予定しており、日本への送料は35ドル(約3880円)だ。キーパーリングや、SimProbeの誘導センサーモジュールが付属するタイプも用意している。

Stinger IIは、2019年3月27日までクラウドファンディングを実施中。3月8日時点で、約5000ドル(約55万円)の目標額に対して約2300ドル(約25万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る