新しいものづくりがわかるメディア

RSS


音声認識APIに対応——Automotive Grade Linux、オープンソースプラットフォーム「Unified Code Base 7.0」を発表

Automotive Grade Linux(AGL)は、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base 7.0(Grumpy Guppy)」を発表した。

Unified Code Base 7.0の最大の特徴は、今回のバージョンでリリースされたオープンソースの音声認識/スピーチAPIだ。基盤部分の音声技術プロバイダーとは無関係にアプリケーションを音声対応にできるため、開発プロセスを簡略化できる利点がある。

WebOSオープンソースエディション(OSE)から移植されたWebアプリマネージャー(WAM)は、AGLアプリケーションフレームワークに統合され、ネイティブアプリとの同時実行が可能だ。また、デモアプリもダウンロードできる。

テレマティクスやインストルメントクラスター向けにデバイスプロファイルが用意されており、インストルメントクラスターはIVIシステムとの同時表示にも対応している。

SmartDeviceLinkに対応しており、スマホアプリとの統合/アクセスも容易となった。開発者はAGLプラットフォーム上にApple CarPlayまたはAndroid Autoを統合できる。

ルネサス/Qualcomm/Intel/Texas Instrument/NXP/Raspberry Piなど各種ボードをサポートし、アプリケーションテンプレート付きのソフトウェア開発キット(SDK)も利用可能だ。近距離無線通信(NFC)やID管理機能(多言語サポートを含む)にも対応しているほか、無線通信利用(OTA)によるアップグレード機能も追加された。

SDKやリポジトリなどはリリースノートからダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  9. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る