新しいものづくりがわかるメディア

RSS


音声認識APIに対応——Automotive Grade Linux、オープンソースプラットフォーム「Unified Code Base 7.0」を発表

Automotive Grade Linux(AGL)は、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base 7.0(Grumpy Guppy)」を発表した。

Unified Code Base 7.0の最大の特徴は、今回のバージョンでリリースされたオープンソースの音声認識/スピーチAPIだ。基盤部分の音声技術プロバイダーとは無関係にアプリケーションを音声対応にできるため、開発プロセスを簡略化できる利点がある。

WebOSオープンソースエディション(OSE)から移植されたWebアプリマネージャー(WAM)は、AGLアプリケーションフレームワークに統合され、ネイティブアプリとの同時実行が可能だ。また、デモアプリもダウンロードできる。

テレマティクスやインストルメントクラスター向けにデバイスプロファイルが用意されており、インストルメントクラスターはIVIシステムとの同時表示にも対応している。

SmartDeviceLinkに対応しており、スマホアプリとの統合/アクセスも容易となった。開発者はAGLプラットフォーム上にApple CarPlayまたはAndroid Autoを統合できる。

ルネサス/Qualcomm/Intel/Texas Instrument/NXP/Raspberry Piなど各種ボードをサポートし、アプリケーションテンプレート付きのソフトウェア開発キット(SDK)も利用可能だ。近距離無線通信(NFC)やID管理機能(多言語サポートを含む)にも対応しているほか、無線通信利用(OTA)によるアップグレード機能も追加された。

SDKやリポジトリなどはリリースノートからダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る