新しいものづくりがわかるメディア

RSS


音声認識APIに対応——Automotive Grade Linux、オープンソースプラットフォーム「Unified Code Base 7.0」を発表

Automotive Grade Linux(AGL)は、AGLプラットフォームの最新版「Unified Code Base 7.0(Grumpy Guppy)」を発表した。

Unified Code Base 7.0の最大の特徴は、今回のバージョンでリリースされたオープンソースの音声認識/スピーチAPIだ。基盤部分の音声技術プロバイダーとは無関係にアプリケーションを音声対応にできるため、開発プロセスを簡略化できる利点がある。

WebOSオープンソースエディション(OSE)から移植されたWebアプリマネージャー(WAM)は、AGLアプリケーションフレームワークに統合され、ネイティブアプリとの同時実行が可能だ。また、デモアプリもダウンロードできる。

テレマティクスやインストルメントクラスター向けにデバイスプロファイルが用意されており、インストルメントクラスターはIVIシステムとの同時表示にも対応している。

SmartDeviceLinkに対応しており、スマホアプリとの統合/アクセスも容易となった。開発者はAGLプラットフォーム上にApple CarPlayまたはAndroid Autoを統合できる。

ルネサス/Qualcomm/Intel/Texas Instrument/NXP/Raspberry Piなど各種ボードをサポートし、アプリケーションテンプレート付きのソフトウェア開発キット(SDK)も利用可能だ。近距離無線通信(NFC)やID管理機能(多言語サポートを含む)にも対応しているほか、無線通信利用(OTA)によるアップグレード機能も追加された。

SDKやリポジトリなどはリリースノートからダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る