新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、DOBOT Magicianロボット競技会日本大会開催を発表

TechShareは、ロボット競技会「World Robot Conference(WRC) - Intelligent Manufacturing Challenge」日本大会の開催と、参加者募集の開始を発表した。

photo

中国最大のロボットカンファレンスWRCのイベント「Intelligent Manufacturing Challenge」は、毎年北京で開催され、世界各国から1万チーム以上が参加するロボット競技会だ。2019年8月に北京で開催される本大会に参加するチームを選出することを前提として、教育用ロボットアーム「DOBOT Magician」を使ったロボット競技会「第1回WRC - Intelligent Manufacturing Challenge日本大会」を2019年6月22日に開催する。

photo

募集は大学・高専クラスと高校生クラスの2クラス。それぞれDOBOTを使って対象物を分類し、指定場所まで運搬したり積み上げたりしたりする競技で争う。優勝および準優勝チームは世界大会へ進出できる。募集は2019年5月10日まで。2019年3月23日にトレーニング戦を開催し、その後6月に日本大会、8月に世界大会が北京で行われる。

photo

トレーニング戦(練習試合)の日程は、2019年3月23日、場所は江東区文化センター会議室だ。

photo

なお、同社では本大会に必要な機器を、20%OFFなどの参加者限定の特別価格で提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る