新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジグソーパズルのように組み合わせてロボットを作ろう——パズルブロックゲーム「ActivePuzzle」

プログラミングの知識がなくても、ジグソーパズル型ピースを組み合わせるだけでロボットを作りだせる「ActivePuzzle」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

ActivePuzzleは、年齢性別問わず(推奨年齢は8歳以上)、遊びながら思考力、創造力、空間認知力、STEMスキルを伸ばすことができる知育トイだ。

photo

ジグソーパズルのような突起の付いたピースごとに様々な機能が搭載されており、例えば「バッテリー」ピースはロボットに電力を供給し、「近接センサー」ピースは物体を検出、「モーター」ピースは車輪を動かすことができる。

photo

現在19種類の機能があり、4つのカテゴリー(出力、入力、ロジック、パワー)のいずれかに属し、機能とカテゴリーはピースの色と図で区別できる。ピースごとの役割を視覚化しているので、パソコンやプログラミング言語を使うことなく、プログラミングの基本的な概念を学ぶことができる。

photo

ロボットを制御するためのマイコンはなく、入力信号に連動してLEDが光る、モーターが動くといった単純な動作を組み合わせる「Braitenberg Vehicle」ライクなロボットだ。サイレンを鳴らして走るパトカー、骨を追いかけるロボット犬、植物の水やり時期を教えるセンサー(設定値の制御にArduinoピースを使用)など、多様なロボットをつくることができる。

photo

特別価格は16ピースキットが98ドル(約1万900円)、22ピースキットが122ドル(約1万3600円)。出荷は2019年6月の予定だ。

ActivePuzzleは、2019年3月28日までクラウドファンディングを実施中。3月13日時点で、1万5000ドル(約167万円)の目標額を上回る約3万7000ドル(約412万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る