新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジグソーパズルのように組み合わせてロボットを作ろう——パズルブロックゲーム「ActivePuzzle」

プログラミングの知識がなくても、ジグソーパズル型ピースを組み合わせるだけでロボットを作りだせる「ActivePuzzle」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

ActivePuzzleは、年齢性別問わず(推奨年齢は8歳以上)、遊びながら思考力、創造力、空間認知力、STEMスキルを伸ばすことができる知育トイだ。

photo

ジグソーパズルのような突起の付いたピースごとに様々な機能が搭載されており、例えば「バッテリー」ピースはロボットに電力を供給し、「近接センサー」ピースは物体を検出、「モーター」ピースは車輪を動かすことができる。

photo

現在19種類の機能があり、4つのカテゴリー(出力、入力、ロジック、パワー)のいずれかに属し、機能とカテゴリーはピースの色と図で区別できる。ピースごとの役割を視覚化しているので、パソコンやプログラミング言語を使うことなく、プログラミングの基本的な概念を学ぶことができる。

photo

ロボットを制御するためのマイコンはなく、入力信号に連動してLEDが光る、モーターが動くといった単純な動作を組み合わせる「Braitenberg Vehicle」ライクなロボットだ。サイレンを鳴らして走るパトカー、骨を追いかけるロボット犬、植物の水やり時期を教えるセンサー(設定値の制御にArduinoピースを使用)など、多様なロボットをつくることができる。

photo

特別価格は16ピースキットが98ドル(約1万900円)、22ピースキットが122ドル(約1万3600円)。出荷は2019年6月の予定だ。

ActivePuzzleは、2019年3月28日までクラウドファンディングを実施中。3月13日時点で、1万5000ドル(約167万円)の目標額を上回る約3万7000ドル(約412万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る