新しいものづくりがわかるメディア

RSS


非接触型センサーパッドを採用——心拍/呼吸/離着床管理ソリューション「パルケア」

CYBERDYNE Omni Networksとコヴィアは、非接触型センサーパッドを用いた心拍/呼吸/離着床管理ソリューション「パルケア」の提供を開始した。

パルケアは、センサーとデータアナライザーから構成される。パッド型のセンサーは非接触型で、マットレスの下に敷くだけで設置できる。ウェアラブル機器のように身につける必要が無いため、利用者に負担をかけず、睡眠を妨げることなく計測が可能だ。

センサー上で就寝するだけで、マットレスを通じて伝わるわずかな振動を捉え、心拍/呼吸のバイタルデータとともに、ベッドから離着床の状態を検出。データは自動で記録され、パソコン/スマートフォンでどこからでもモニタリングできる。

心拍数や呼吸数の基本データに加えて、離床時間のモニターも可能だ。病床数の多い病院や施設では、パソコンでデータを一括管理できる。また、あらかじめ設定した閾値を超える心拍/呼吸/離着床を検知すると、パソコン画面や携帯端末にリアルタイムで通知する機能も搭載している。

データアナライザーは収集したバイタルデータを解析し、サーバーに送信する役割を担う。Wi-Fiは2.4GHz帯(IEEE802.11b/g/n)に加え、5GHz帯(11a/n)にも対応。さらに3G/LTE通信にも対応しており、設置場所にインターネット環境やWi-Fiネットワークがなくても導入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る