新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

+Styleは、ハイレゾ音源の再生が可能な超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売した。

SPRESENSEシリーズは低消費電力ながら、GPS受信機能やハイレゾソリューション、オーディオコーデックを搭載したIoTボードだ。

メインボードに、拡張ボードやカメラボードなどのオプション品を組み合わせることで、GPS搭載ドローンや、ハイレゾオーディオ対応スマートスピーカー、低消費電力の定点カメラなど、さまざまなIoTデバイスを作成できる。

(左から)SPRESENSE メインボード、カメラボード、拡張ボード

カメラボードは、ソニー製CMOSセンサーを採用。500万画素の高精細な静止画/動画の撮影が可能で、後日発売予定のBluetooth/Wi-Fiアドオンボードと組み合わせることで、セキュリティカメラを自作できる。高い省電力性能を備えており、乾電池での動作が可能だ。

(左から)BLE小型カメラ、Wi-Fi小型カメラ、SDカード小型カメラ

また、メインボード上で実現したGPS受信機能は、ソニーの最新GNSS(Global Navigation Satellite System)を採用しており、オープンソースのドローンコード「ArduPilot」をSPRESENSE上で走らせることで、ドローンの試作にも活用できる。

他にもロボットやビートボックスなど、基幹パーツを一通り揃えることで、IoT製品を自らの手で試作/製作できる。今後はBluetooth Low Energyや各種センサー、Wi-Fiなどのサードパーティ各社のボードも取り扱いを拡充する予定だ。

各ボードの主な仕様はそれぞれ以下の通りだ。

・メインボード

・拡張ボード

・カメラボード

価格はメインボードが5940円、カメラボード/拡張ボードが各4482円。2種類セット(メインボード+拡張ボード/メインボード+カメラボード)が各9720円、3種類セット(メインボード+拡張ボード+カメラボード)が1万3500円となる(価格は全て税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る