新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

+Styleは、ハイレゾ音源の再生が可能な超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売した。

SPRESENSEシリーズは低消費電力ながら、GPS受信機能やハイレゾソリューション、オーディオコーデックを搭載したIoTボードだ。

メインボードに、拡張ボードやカメラボードなどのオプション品を組み合わせることで、GPS搭載ドローンや、ハイレゾオーディオ対応スマートスピーカー、低消費電力の定点カメラなど、さまざまなIoTデバイスを作成できる。

(左から)SPRESENSE メインボード、カメラボード、拡張ボード

カメラボードは、ソニー製CMOSセンサーを採用。500万画素の高精細な静止画/動画の撮影が可能で、後日発売予定のBluetooth/Wi-Fiアドオンボードと組み合わせることで、セキュリティカメラを自作できる。高い省電力性能を備えており、乾電池での動作が可能だ。

(左から)BLE小型カメラ、Wi-Fi小型カメラ、SDカード小型カメラ

また、メインボード上で実現したGPS受信機能は、ソニーの最新GNSS(Global Navigation Satellite System)を採用しており、オープンソースのドローンコード「ArduPilot」をSPRESENSE上で走らせることで、ドローンの試作にも活用できる。

他にもロボットやビートボックスなど、基幹パーツを一通り揃えることで、IoT製品を自らの手で試作/製作できる。今後はBluetooth Low Energyや各種センサー、Wi-Fiなどのサードパーティ各社のボードも取り扱いを拡充する予定だ。

各ボードの主な仕様はそれぞれ以下の通りだ。

・メインボード

・拡張ボード

・カメラボード

価格はメインボードが5940円、カメラボード/拡張ボードが各4482円。2種類セット(メインボード+拡張ボード/メインボード+カメラボード)が各9720円、3種類セット(メインボード+拡張ボード+カメラボード)が1万3500円となる(価格は全て税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る