新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソニー、FD-SOIベースのIoT向けマルチプロセッサボード「SPRESENSE」発売

ソニーは、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE(スプレッセンス)」のメインボード「CXD5602PWBMAIN1」と、拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」の2点を商品化し、2018年7月31日に発売する。

photo CXD5602PWBMAIN1

CXD5602PWBMAIN1は、CPUに最大クロック周波数156MHzのARM Cortex-M4F×6、SRAM1.5MB、フラッシュメモリー8MB、GPIO、SPI、I2C、UART、PWM、I2Sなどのデジタル入出力、2chアナログ端子(0.7Vレンジ)、GPSと GLONASSをサポートするGNSS、192kHz/24ビットのハイレゾ音源の録音と再生、カメラインターフェースなどの機能を持つスマートセンシングプロセッサ搭載ボードだ。

FD-SOI(完全空乏型シリコンオンインシュレーター)ベースのプロセッサを採用したことで、動作電圧を下げることで低消費電力を実現している。GNSS測位技術とプロセッサを使って、ドローン、音声で操作するスマートスピーカー、低消費電力のセンシングカメラなどのIoT端末や、各種センサーと組み合わせた工場の製造ライン異常検知システムなどに利用できる。

photo CXD5602PWBEXT1

CXD5602PWBEXT1は、8chデジタルマイク入力または4chアナログマイク入力、ヘッドホン出力、3.3Vまたは5.0Vのデジタル入出力、5Vレンジ6chのアナログ端子、SDカードスロットを備え、録音や再生などを行うオーディオアプリケーション開発に使用できる。メインボードのI/O電圧を1.8V~3.3Vまたは5.0Vに変換可能なコネクターを備え、オープンプラットフォームに対応した一部の汎用拡張基板を接続し使用できる。

ソフトウェアとハードウェアの技術情報は、「Sony Developer World」SPRESENSE専用ページにて公開され、ソフトウェア開発環境は「Arduino IDE」「Eclipse IDE」などに対応している。

メーカー希望小売価格は、CXD5602PWBMAIN1が5500円、CXD5602PWBEXT1が3500円(いずれも税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る