新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」

自宅でコーヒー豆が簡単に焙煎できる熱風式焙煎機「ホームロースター」が、Makuakeでプロジェクトを開始。目標金額を大きく上回る人気を集めている。

photo

ホームロースターでは、搭載されたマイコンが温度と風量を管理して、時間ごとに焙煎に最適な温度の熱風でコーヒー豆を焙煎する。熱風によりコーヒー豆が撹拌されるので、ムラなく均一にコーヒー豆を焙煎できるという。

photo

コーヒー豆の焙煎が終了すると、自動的に送風モードに切り替わり、焙煎が進み過ぎないように、コーヒー豆を冷却する。細かい操作やセッティングは不要で、コーヒーの生豆を入れ、「深煎り」、「中煎り」何れかのボタンを押すだけだ。

photo

フライパンなどで自家焙煎すると、チャフと呼ばれるコーヒー豆の皮が飛び散るが、ホームロースターはフタの部分にフィルターを搭載し、焙煎中に軽いチャフだけ熱風で吹き飛ばし、効率よくチャフを集めるので掃除しやすい構造になっている。

photo

本体、フタ、チャフフィルター、掃除ハケ、軽量スプーンがセットになり、一度の焙煎で最大生豆60gの焙煎ができる。本体サイズは約20.8×17.5×24.6cm、本体重量は約1.2kg。電圧はAC100V、消費電力1150W、連続使用時間は20分。

photo

リターンは、1万6千円コースがホームロースター本体1個、1万7千円コースがホームロースター本体1個と生豆1kg、2万円コース(いずれも税込み)がホームロースター本体、生豆1kg、ミル付コーヒーメーカーなどがある。

photo

Makuakeでの目標金額300万円は初日に達成、2019年3月19日時点で3倍を超える1100万円以上の支援を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る