新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」

自宅でコーヒー豆が簡単に焙煎できる熱風式焙煎機「ホームロースター」が、Makuakeでプロジェクトを開始。目標金額を大きく上回る人気を集めている。

photo

ホームロースターでは、搭載されたマイコンが温度と風量を管理して、時間ごとに焙煎に最適な温度の熱風でコーヒー豆を焙煎する。熱風によりコーヒー豆が撹拌されるので、ムラなく均一にコーヒー豆を焙煎できるという。

photo

コーヒー豆の焙煎が終了すると、自動的に送風モードに切り替わり、焙煎が進み過ぎないように、コーヒー豆を冷却する。細かい操作やセッティングは不要で、コーヒーの生豆を入れ、「深煎り」、「中煎り」何れかのボタンを押すだけだ。

photo

フライパンなどで自家焙煎すると、チャフと呼ばれるコーヒー豆の皮が飛び散るが、ホームロースターはフタの部分にフィルターを搭載し、焙煎中に軽いチャフだけ熱風で吹き飛ばし、効率よくチャフを集めるので掃除しやすい構造になっている。

photo

本体、フタ、チャフフィルター、掃除ハケ、軽量スプーンがセットになり、一度の焙煎で最大生豆60gの焙煎ができる。本体サイズは約20.8×17.5×24.6cm、本体重量は約1.2kg。電圧はAC100V、消費電力1150W、連続使用時間は20分。

photo

リターンは、1万6千円コースがホームロースター本体1個、1万7千円コースがホームロースター本体1個と生豆1kg、2万円コース(いずれも税込み)がホームロースター本体、生豆1kg、ミル付コーヒーメーカーなどがある。

photo

Makuakeでの目標金額300万円は初日に達成、2019年3月19日時点で3倍を超える1100万円以上の支援を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る