新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国産木材製球形エンクロージャー——Hi-Fiラウドスピーカー「D190」

コンパクトなブックシェルフタイプの木製球形Hi-Fiスピーカー「D190」が、Makuakeに登場した。

photo

D190は、リスニングの自由をテーマとし、セッティングが容易な球形エンクロージャーと円筒形スタンドを組み合わせている。北海道産のナラ材を使い、木工3DNCマシンで加工した球形エンクロージャーで、中高域と低域のバランスのとれた、ナチュラルでクリアな音を目指している。

photo

一般的な箱型エンクロージャーでは、スピーカー取り付けバッフルと側面の角部分でユニットからの音波が回り込む回折現象が起こり、回り込んだ音(二次回折波)が本来のユニットの直接音と干渉して再生音圧のレベル差が生じる。開発元によれば、球形のD190は、実質的に角部がない状態のため、二次回折波の影響をほぼ無視することができ、ユニット本来の音を聴くことができるという。

photo

使用ユニットはメタルコーンを使う9cmフルレンジユニット「Markaudio Alpair 6M」だ。出力音圧レベルは85.4dB、入力インピーダンスは4Ω、許容入力は定格15W、最大30W。スタンドを含む外形寸法は、190×275×193mm、重量は2.0kg。

photo

Makuakeプロジェクトは、2019年5月30日までで、プロジェクトを支援すると、販売予定価格39万9600円(ペア、税込)のD190の先行量産品を、正式発売前に特別価格で購入できる。初回分12ペアは記念シリアルナンバー付きで、先着6名には、ベータテスターとして音作りに参加できる特別試聴会にも参加できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る