新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」

Arduino Zero互換開発ボード「uChip」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

uChipは、DIP16ピンにフィットする28.5×10.16mmのArduino Zero互換開発ボード。小型ながら、多様なアプリ開発のための充実した機能を搭載する。

photo

SoCにArduino互換の「Atmel SAMD21」(32bit Cortex M0+コア、48MHz)、メモリはフラッシュ256kB(ブートローダー割り当てのため248kB)とRAM32kB、ソフトウェアで制御できるステータスLED、リセット/プログラム用のマルチファンクションボタンなどを搭載する。

photo

入出力は、DIP16ピン+USBの各ピンに割り振られており、I/O×14(うち2本は外部SWDプログラマー/デバッガー)とパワー×2(VCC、GND)、12bitADC入力×7、10bitDAC出力、外部割り込み×14、「UDA1334A」などオーディオデコーダー用I2Sポート、PWM×13などを引き出すことができ、SPI/I2C/UART間で最大5のシリアルに対応する。

photo

電源はUSB経由か外部(3.3~5V)から供給でき、USBポート経由で電源入力する場合、パワーピンの出力電圧はソフトウェアで3.3VかUSB電圧(通常5V±10%)かを選べる。500mAブースト/1A降圧コンバーター/自動パワー切り替え回路が組み込まれており、外部ピンから電源をとる、micro Aケーブルで接続した外部のUSBデバイスの電源を切る場合など、それぞれのコンバーターは個々にオフできる。USBポートは電源以外にも、プログラミング、USBデバイス接続、USBホスト用に利用できる。

photo

本体サイズは28.5×10.16mmで、ノイズパフォーマンスを高める4層ボード構造を採用。ピンと列の間隔は標準のDIPと同じ2.54mmと7.62mmで、ブレッドボードに対応する。Arduino IDEが利用でき、電源管理やUSBホストサポート、VGA出力など、uChip用に開発したライブラリーも用意している。

photo

uChipの価格は20ユーロ(約2500円)で、2019年10月の出荷を予定している。日本への送料については確認が必要だ。

uChipは、2019年4月9日までクラウドファンディングを実施中。3月19日時点で、2万1000ユーロ(約265万円)の目標額に対して約6000ユーロ(約76万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る