新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」

Arduino Zero互換開発ボード「uChip」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

uChipは、DIP16ピンにフィットする28.5×10.16mmのArduino Zero互換開発ボード。小型ながら、多様なアプリ開発のための充実した機能を搭載する。

photo

SoCにArduino互換の「Atmel SAMD21」(32bit Cortex M0+コア、48MHz)、メモリはフラッシュ256kB(ブートローダー割り当てのため248kB)とRAM32kB、ソフトウェアで制御できるステータスLED、リセット/プログラム用のマルチファンクションボタンなどを搭載する。

photo

入出力は、DIP16ピン+USBの各ピンに割り振られており、I/O×14(うち2本は外部SWDプログラマー/デバッガー)とパワー×2(VCC、GND)、12bitADC入力×7、10bitDAC出力、外部割り込み×14、「UDA1334A」などオーディオデコーダー用I2Sポート、PWM×13などを引き出すことができ、SPI/I2C/UART間で最大5のシリアルに対応する。

photo

電源はUSB経由か外部(3.3~5V)から供給でき、USBポート経由で電源入力する場合、パワーピンの出力電圧はソフトウェアで3.3VかUSB電圧(通常5V±10%)かを選べる。500mAブースト/1A降圧コンバーター/自動パワー切り替え回路が組み込まれており、外部ピンから電源をとる、micro Aケーブルで接続した外部のUSBデバイスの電源を切る場合など、それぞれのコンバーターは個々にオフできる。USBポートは電源以外にも、プログラミング、USBデバイス接続、USBホスト用に利用できる。

photo

本体サイズは28.5×10.16mmで、ノイズパフォーマンスを高める4層ボード構造を採用。ピンと列の間隔は標準のDIPと同じ2.54mmと7.62mmで、ブレッドボードに対応する。Arduino IDEが利用でき、電源管理やUSBホストサポート、VGA出力など、uChip用に開発したライブラリーも用意している。

photo

uChipの価格は20ユーロ(約2500円)で、2019年10月の出荷を予定している。日本への送料については確認が必要だ。

uChipは、2019年4月9日までクラウドファンディングを実施中。3月19日時点で、2万1000ユーロ(約265万円)の目標額に対して約6000ユーロ(約76万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る