新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジェネシスが深セン工場を拡張移転——IoTデバイスなどの増産に伴う生産体制の強化が狙い

ジェネシスホールディングスは、IoTデバイスをはじめとするスマートデバイスなどの製造需要増に応えるために、中国・深センにある現地法人の工場施設を拡張移転したことを発表した。

同社は、深センの製造拠点を活用して、日本企業向けにODMを提供。タブレットやスマートフォンをはじめ、VRデバイスやAIロボットなどさまざまなデバイスの企画、開発、製造を手がけている。

同社によると、社会的なICT化やIoTの進展に伴いデバイスの用途や形態が多様化し、その製造需要が増加傾向にある。同社へもさまざまなスマートデバイスの製造依頼が入っており、増産に伴う生産体制の強化を目的に今回工場施設を移転拡張した。

フロア拡大や人員増強によって、生産キャパシティを拡張してさらなる増産に対応。従来外注していた信頼性試験なども内製化することで、生産効率や品質向上を目指す。

新工場は2019年3月に稼働開始。総敷地面積約3300平方メートル、臨時工を含む社員数は約130名となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る