新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ジェネシスが深セン工場を拡張移転——IoTデバイスなどの増産に伴う生産体制の強化が狙い

ジェネシスホールディングスは、IoTデバイスをはじめとするスマートデバイスなどの製造需要増に応えるために、中国・深センにある現地法人の工場施設を拡張移転したことを発表した。

同社は、深センの製造拠点を活用して、日本企業向けにODMを提供。タブレットやスマートフォンをはじめ、VRデバイスやAIロボットなどさまざまなデバイスの企画、開発、製造を手がけている。

同社によると、社会的なICT化やIoTの進展に伴いデバイスの用途や形態が多様化し、その製造需要が増加傾向にある。同社へもさまざまなスマートデバイスの製造依頼が入っており、増産に伴う生産体制の強化を目的に今回工場施設を移転拡張した。

フロア拡大や人員増強によって、生産キャパシティを拡張してさらなる増産に対応。従来外注していた信頼性試験なども内製化することで、生産効率や品質向上を目指す。

新工場は2019年3月に稼働開始。総敷地面積約3300平方メートル、臨時工を含む社員数は約130名となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る