新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イーケイジャパン、ハリネズミ型ロボット「とげまる」とPC不要のプログラミングロボット「ビットさん」発売へ

イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新商品2種、「とげまる」と「ビットさん」を2019年4月下旬に発売する予定だ。

とげまるは、音センサーを搭載し、手ばたき(拍手)の音に反応してさまざまな動作を行うハリネズミ型のロボットだ。

でんぐり返しモード、連続モード、おうえんモードの3つのモードがあり、でんぐり返しモードでは、手ばたきをすると、その音を感知して丸まってでんぐり返しをする。手ばたきの回数により、眠って動かなくなったり目を覚ましたりする。

連続モードでは、手ばたきした回数と同数のでんぐり返しをする(最大5回まで)。おうえんモードは、手ばたきをし続けて応援すると、徐々に丸まって最後にでんぐり返しする。

伸びた時のサイズは約100×210×120mm、重量は350g。対象年齢は10歳以上で、工作に必要な時間は約3時間。価格は4000円(税別)だ。

ビットさんは、PCなどを使わなくても動きのプログラミングができるロボットだ。回転するプログラミングホイールに、さまざまな基本的な動きを起こさせる「ビット」と呼ばれる突起物を取り付ける。それらを組み合わせることで、思い思いの動作をプログラミングする。

フォークリフトやサッカー、お絵かきなどの計5種類のロボットに組み換え可能で、動きをプログラミングすることで、さらにいろいろな楽しみ方ができる。

本体サイズは115×150×210mm、重量は約250g。対象年齢は10歳以上で工作時間は2時間程度。価格は3400円(税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る