新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イーケイジャパン、ハリネズミ型ロボット「とげまる」とPC不要のプログラミングロボット「ビットさん」発売へ

イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新商品2種、「とげまる」と「ビットさん」を2019年4月下旬に発売する予定だ。

とげまるは、音センサーを搭載し、手ばたき(拍手)の音に反応してさまざまな動作を行うハリネズミ型のロボットだ。

でんぐり返しモード、連続モード、おうえんモードの3つのモードがあり、でんぐり返しモードでは、手ばたきをすると、その音を感知して丸まってでんぐり返しをする。手ばたきの回数により、眠って動かなくなったり目を覚ましたりする。

連続モードでは、手ばたきした回数と同数のでんぐり返しをする(最大5回まで)。おうえんモードは、手ばたきをし続けて応援すると、徐々に丸まって最後にでんぐり返しする。

伸びた時のサイズは約100×210×120mm、重量は350g。対象年齢は10歳以上で、工作に必要な時間は約3時間。価格は4000円(税別)だ。

ビットさんは、PCなどを使わなくても動きのプログラミングができるロボットだ。回転するプログラミングホイールに、さまざまな基本的な動きを起こさせる「ビット」と呼ばれる突起物を取り付ける。それらを組み合わせることで、思い思いの動作をプログラミングする。

フォークリフトやサッカー、お絵かきなどの計5種類のロボットに組み換え可能で、動きをプログラミングすることで、さらにいろいろな楽しみ方ができる。

本体サイズは115×150×210mm、重量は約250g。対象年齢は10歳以上で工作時間は2時間程度。価格は3400円(税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る