新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大量のごはんをすくえる業務用しゃもじ「極しゃもじプロフェッショナル」がMakuakeに登場

業務用「極しゃもじプロフェッショナル」が、Makuakeにて出資を募っている。

極しゃもじプロフェッショナルは、すでに製品化された「極しゃもじ」の業務用バージョンだ。握りやすいグリップ、ごはんを潰さず混ぜやすいヘラ面、ごはんがくっつきにくいエンボス加工という従来品の長所を踏襲しつつ、業務用仕様として、一度に多くの量のごはんを少ない力ですくえるよう改良が施されている。

ヘラ面は従来品より5mm薄くなっており、先端の厚みは2.3mmで軽量化も達成している。スプーン形状(アール)についても試験を繰り返し、最適な角度を導き出したという。 ヘラ面にはエンボス加工が先まで隙間なく均一に入り、外周の密な配置によってごはんがくっつきにくいだけでなく、デザインにもこだわりが光る。

グリップは丸みを帯びた手にフィットする形状で、力のない女性が長時間使用しても手が痛くなりにくく、力が伝わりやすいよう改良されている。また使用後は、フック掛けして収納できるよう、グリップ部分にフック穴が追加されている。

一般販売予定価格は2000円(税込)で、Makuakeでは15%オフとなる2個3400円(税込)で購入できるプランなどを用意している。

極しゃもじプロフェッショナルは、2019年6月19日までMakuakeにてクラウドファンディング中だ。目標金額30万円に対し、2019年3月25日の時点で22万円以上を集めている。2019年7月末までに発送する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  5. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. AIを使ってピッキング——倉庫の利用効率を高めるAI制御のロボットアームを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る