新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル+アナログでマスカスタマイズ——3Dプリントと精密鋳造で制作されるヒール「FORMLESS」

DiGITAL ARTISANは、JSR、キャステムと共同で、光造形方式3Dプリンターとロストワックス法による鋳造技術を活用したヒール「FORMLESS」を発表した。

photo

FORMLESSは、デザイナーが形を考えるこれまでのプロセスと異なり、一人ひとりに合わせてコンピューターがデザインをしていくマスカスタマイズの考え方を基にデザインされている。ヒールにかかる力の向きや重さに応じて、ソフトウェアが適切なヒールの形状を自動生成し、それをベースにデザイナーが、さらに美しく魅力的に見せるようデザインを加えている。

デザインモデリングはDiGITAL ARTISANが行い、自動生成される有機的な形状をベースに、CGソフトウェアで彫刻的な処理を行った。製作には、JSRが代理店として展開するCarbonの光造形方式3Dプリンターによる精密造形を原型に、キャステムがロストワックス法による高精度鋳造で、ヒールを製造している。

photo

アッパーの素材には、革に加えて、クッション性、耐熱性、耐寒性に優れた、ダイビング用ウェットスーツ用素材ネオプレーンを使っている。高いクッション性と着脱を繰り返しても問題のないフィット感の向上、金属製のヒールソールの重さを感じさせない脚との一体感を実現させたとしている。

現時点では実験的プロトタイプとしての発表だが、今後販売の可能性も模索するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  5. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  6. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  7. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  8. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  9. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る