新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クロスエフェクト、軟質素材のリアルな臓器モデル「超軟質精密ウェットモデル」発売

クロスエフェクトは、紫外線照射による精密インクジェットプリンタ技術を応用した「臓器造形システム」で製作した、軟質素材のリアルな臓器モデル「超軟質精密ウェットモデル」を発売する。

photo

同社は、国立循環器病研究センターとの医工連携共同開発による臓器シミュレーション「心臓レプリカプロジェクト」を2016年12月に発表し開発を進めてきたが、今回SCREENホールディングス、共栄社化学の協力のもと、「臓器造形システム」が稼働開始する。

photo

SCREENホールディングスの独自画像処理技術と直接描画技術をベースにして、紫外線照射による精密インクジェットプリンタ技術を応用し3次元造形装置を開発。これまで以上のリアルさを持った軟質素材のウェットな臓器モデルの造形を可能にし、3D心臓モデルを最短2日で製作できるという。質感を再現するインク材料は、特殊モノマー、オリゴマーに強みを持つ共栄社化学が、今回新たに開発している。

photo

造形した臓器モデルを、立体構造が複雑でなおかつ個人差の大きい新生児や乳児の先天性心疾患手術の予行演習などに活用したり、若手医師の手術手技の向上に役立つという。

photo

今回はまず初めに、心室中隔欠損や心房中隔欠損などの先天性心疾患モデル4疾患を、評価サンプルとして限定1000個、5万2500円(税別)で提供する。2019年3月15日から予約が開始されており、製品は同年5月から順次発送する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  3. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  4. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  8. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る