新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クロスエフェクト、軟質素材のリアルな臓器モデル「超軟質精密ウェットモデル」発売

クロスエフェクトは、紫外線照射による精密インクジェットプリンタ技術を応用した「臓器造形システム」で製作した、軟質素材のリアルな臓器モデル「超軟質精密ウェットモデル」を発売する。

photo

同社は、国立循環器病研究センターとの医工連携共同開発による臓器シミュレーション「心臓レプリカプロジェクト」を2016年12月に発表し開発を進めてきたが、今回SCREENホールディングス、共栄社化学の協力のもと、「臓器造形システム」が稼働開始する。

photo

SCREENホールディングスの独自画像処理技術と直接描画技術をベースにして、紫外線照射による精密インクジェットプリンタ技術を応用し3次元造形装置を開発。これまで以上のリアルさを持った軟質素材のウェットな臓器モデルの造形を可能にし、3D心臓モデルを最短2日で製作できるという。質感を再現するインク材料は、特殊モノマー、オリゴマーに強みを持つ共栄社化学が、今回新たに開発している。

photo

造形した臓器モデルを、立体構造が複雑でなおかつ個人差の大きい新生児や乳児の先天性心疾患手術の予行演習などに活用したり、若手医師の手術手技の向上に役立つという。

photo

今回はまず初めに、心室中隔欠損や心房中隔欠損などの先天性心疾患モデル4疾患を、評価サンプルとして限定1000個、5万2500円(税別)で提供する。2019年3月15日から予約が開始されており、製品は同年5月から順次発送する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る